出前授業

調査の目的

学校の授業のなかで、「農業」と「食」と「環境」のつながりを学んで欲しいとの願いから「出前授業」をはじめています。学校がもつ水田での「田んぼの生きもの調査」を小学校、大学などで実施しており、今後取り組みを広げていく予定です。あわせて、生産技術や栽培技術の研究・開発に取り組む営農・技術センター(神奈川県平塚市)では小学校を対象にした水稲もち米栽培の稲作指導やトマトなど野菜の栽培体験や、「施設見学」を通じて、農業への親しみを持ち、その重要性を学んでもらいます。

写真

  • ▼出前授業

  •  

  • ▼栽培実習

  •  

  • ▼施設見学

  •  

>詳しくはSR活動ブログをご覧ください。