2015年 ひろがれ“弁当の日”全農親子料理教室 報告レポート

(写真)先生の説明

特別開催(ブロガー限定) 平成27年7月28日(火曜日)

 メニュー

(写真)
お弁当

  1. 洋風トマトご飯で作るかんたんオムライス
  2. うすやき風 たまごやき
  3. チキンのキャラメル煮 レモン添え
  4. ズッキーニとチーズのとろろ焼き

 教室のようす

(写真)
猫の手で
(写真)
うすやきたまごに挑戦
(写真)
レモン絞っています
(写真)
お肉焼けたかな

みんなの「食べたいお弁当」 

子どもの絵子どもの絵

 参加者の声(小学生)

  • 私は野菜や果物、イネ・牛乳がたくさんの人の手でできているとは知りませんでした。牛乳が大嫌いで給食の時以外飲まなかったけど、これからは牛乳をなるべく飲むように頑張ります。
  • 料理教室で一番難しいことは薄焼き卵です。1/2が難しくて量が片方だけ多く、もう片方は少なくなってしまいました。1回目は量が少ない薄焼き卵になっちゃいました。2回目はちゃんと出来ました。お弁当に詰めるのも難しかったです。今度はレベルアップした料理をやりたいです。
  • 薄焼き卵を菜箸で「くるっくるっ」と裏返す作業が一番難しかったです。ベーコンが入っているご飯と鶏肉がおいしかったです。僕は鶏肉を煮るときにキャラメルを入れることがビックリしました。

 参加者の声(親)

  • 自分から積極的に料理や後片付けをしている姿に楽しく取り組んでいるんだなぁと感じ、私も嬉しくなりました。「食」を考える良いきっかけになったと思います。ありがとうございました。
  • ふだん一緒に料理を作る機会が少ないので良い機会になった。
    お弁当をきれいにつめて出来上がったのを見て子供も私もとても満足でした。
    これからも少しずつ一緒にお弁当作りを挑戦していこうと思いました。
  • 新しいメニューや初めての味付けで苦手な物に挑戦できるという点もこうした料理教室は良い機会になったと思います。同じグループの子ともコミュニケーションが取れて良かったです。
    こんなに一から作るとは思いませんでした。良い経験になりました。