2016年 JA全農親子農業体験ツアー JAはが野 収穫編

実施概要

7月24日(日曜日)、JA全農親子農業体験ツアーが、JAはが野真岡地区営農センターで実施されました。参加した39名は5月に定植作業を行った方々で、今回揃って収穫作業を迎えました。10週の間、JA職員の方々による丁寧な栽培管理、また当日の圃場作業でもトウモロコシのもぎ方や枝豆の葉や茎の外し方などわかりやすい指導を受け、強い日差しのなか収穫に取り組みました。畑にしっかり根付いている枝豆の株を引き抜くのはたいへんな力仕事ですが、子どもたちも頑張って挑戦していました。

参加者からは、「自分が植えた種から野菜に育ってくれてうれしかった。」などの感想があがりました。

昼食は、JA女性部の方々による地元の米と野菜を使ったカレーライスと味噌汁、漬物でおいしくお腹いっぱいいただき、その地元米ブランド「もてぎ八溝米」はお土産にも振る舞われました。昼食後は敷地内に隣接する集荷場で、ニラやナスなどの選別出荷工程の説明を受けながら施設見学を行い、これも日頃はできない貴重な夏休みの体験となりました。

写真レポート


  • 生育中のようすなど説明を受けます

  • 収穫作業のポイントをわかりやすく指導

  • 株を根元から引き抜く

  • たわわに実った枝豆

  • ずっしり大きなトウモロコシ

  • 枝豆の葉や茎を外します

  • 収穫直後のトウモロコシをさっそく

  • 女性部のみなさんによる昼食

  • 集荷場の施設見学

  • お土産の地元ブランド米「もてぎ八溝米」