沿革 周辺地図と交通案内 施設とその規模

 

生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋の技術拠点


 営農・技術センターは、JAグループ経済事業を技術面から支える拠点として、昭和37年(1962年)に開設され、常にその時代の要請に適確に対応してきました。
 現在では、生産者と消費者を結ぶ懸け橋となるため、生産者が求める「省力・低コストの農業生産」と、消費者が求める「安全・安心でおいしい農産物」に応えることを目的に、様々な業務に取組んでいます。

機構図(PDF)新しいウィンドウが開きます

 

新技術の研究・開発と提案

営農・技術センターは、生産者や実需者のニーズにもとづき、新しい品種、栽培技術や生産資材などの研究・開発、農産物の商品づくりに取組み、その研究成果を生産・消費の双方へ提案し、新たな産地づくりなど生産現場への支援をすすめています。

研究・開発や生産現場への普及を効率的にすすめるため、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)と平成19年(2007年)3月に連携協力協定を締結し、つくば分室を設置するなど、外部機関との連携を積極的にすすめています。

JAグループの「人づくり」

JAグループ職員を対象に、営農、肥料、農薬、資材、農機、施設、燃料、生活などに関する技術講習会、資格取得のための講習会を開催し、JAグループの「人づくり」に貢献しています。

各種講習会の受講生は開設以来の累計で13万人に達しました。

 

 

 

 

視察・研修の受入れ

生産者、JA役職員、農業関連団体などを中心に、年間100〜200団体、3,000〜4,000人の視察・研修を受入れ、課題・要望に合わせた対応を行っています。

安全・安心を確保する厳しい検査

全農が取扱っている主要商品の品質、性能、安全性などについて、厳しい検査を実施しています。
また、農産物、食品の安全性、品質、成分などの検査を実施し、JAグループの生産指導と農産物販売を支援しています。

 

食育活動

地元小学校と連携し、小学生に食べ物の大切さ、農作物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っています。
営農・技術センターの見学や、新しい食育資材の検討も行っています。


 

施設とその規模

総面積

◎敷地面積(センター内)  27,440m2(8,301坪)

水田                         485m2(147坪)

畑                            2,890m2(874坪)

温室・ビニールハウス   4,460m2(1,349坪)

◎場外水田                  9,672m2(2,926坪)

 

配置図(PDF)新しいウィンドウが開きます

(写真)本館 南からの外観
(写真)実習棟
(写真)検査室 廊下

主な施設

本館

6階建・・・のべ10,685m2 (3,232坪)

講習施設、各研究部事務室、実験室など

 

宿泊棟

4階建・・・のべ2,888m2 (874坪)

宿泊施設(156人収容)

 

農産物商品開発

農産物商品開発棟(栽培調査・作業室)、野菜・花き試験温室、育苗温室、汎用実験室、微生物実験室、機器分析室、保蔵室、官能検査室(生活部品質表示・管理室と共用)、試薬庫

 

残留農薬検査

試料受付調製室、抽出精製室、液クロ測定室、ガスクロ測定室、試料保管庫

 

肥料

実験室(作物、微生物、肥料、土壌、培養)、機器分析室、秤量室、保管室(試料、器具)、講習用実験室、肥料棟(調査室、物性実験室等)、ライシメーター、ガラス温室

 

農薬

害虫飼育室、遺伝子実験室、機器分析室、ガラス温室、グロースキャビネット(人工気象室)屋外型、自動降雨遮蔽装置、自動農薬散布装置

 

生産資材

包装資材恒温恒湿室、農業資材恒温恒湿室、温湿度環境試験室、農業資材試験室、輸送環境試験室、包装資材試験室、農業資材耐候試験室、生産資材棟(落下試験室、資材試験室)、実習棟(農機実習室、教室)、農機格納庫、農業施設検査講習棟

 

燃料

燃料検査室、実習棟(LPガス実習場、教室×2)

 

生活

食品検査室、微生物検査室、官能検査室、日用品検査室、恒温恒湿室