施肥コストの抑制や肥料・原料の安定供給のための試験研究・開発・調査に取組んでいます。

新しいウィンドウが開きますは、新しいウィンドウが開きます。 PDFファイルについて

施肥コストの低減

土壌診断にもとづく適正施肥への取り組みを強化するため、全国9ヶ所に設置された広域土壌分析センターの運営・支援を行っています。この他、現場に携帯できる土壌分析器「ZAパーソナル」 土壌診断処方菱作成ソフト「診作くんマイスター」、各種肥料の肥効発現予測ソフト「施肥名人」などを開発し、土壌診断にもとづく土づくりや適正施肥を推進しています。また、効率的施肥技術や堆肥の有効活用技術など、施肥コスト低減に向けた研究・開発に取り組んでいます。

 

 

肥料・原料の安定供給

海外や国内の新規肥料や原料の品質と実用性の評価、家畜排泄物など未利用・低利用資源の肥料・原料としての活用対策の検討など、新たな肥料・原料の確保と安定供給に向けた試験研究に取り組んでいます。

品質や肥効の確認試験

全農が輸入している各種肥料・原料や、国産の肥料・土壌改良材・育苗培土などを安心して使用していただくため、品質や肥効の確認を行っています。

JAグループの技術力アップ

講習会や研修会を通じて、土壌診断技術や新しい肥料・施肥技術を紹介するなど JAグループの技術力向上を支援しています。


各種レポート下記のリストをクリックすると、PDFで表示されます。


肥料研究室の沿革

肥料研究室の歴史は「営農・技術センター沿革」からご覧いただけます。