平塚 営農・技術センター発

食育活動のとりくみ

 

食育基本法(平成17年6月10日制定)の前文には、

食育による

「健康で文化的な食生活の実現」、
「消費者と生産者の信頼関係の構築による地域社会の活性化」、
「豊かな食文化の継承及び発展」、
「環境と調和の取れた食料の生産及び消費の推進」
「食料の自給率向上に寄与する」

ことなどがあげられています。

 

あわせて、国・地方公共団体が講ずる基本施策のもとに、
国民・家庭、教育関係者および農林漁業関係者、食品関連事業者等が食育を行うことの責務が定められています。

 

ここJA全農 営農・技術センターでは、食育基本法が制定された年の平成17年9月に「食育プロジェクト」を発足し、食育基本法に添いながら次のことを目的に近隣小学校と連携し、稲の栽培を通じた食育に取り組んできました。

 

末来をになう子どもたちに食の大切さを学んでもらいたい

地域農産物・国産農産物をもっと食べよう(自給率の向上)

JAや営農・技術センターの社会的役割を知ってもらおう

 

−食育体験の学習が終わって−

「食べ物の大切さ、農業の大切さがわかった」

「全農やJAのやっている社会的な役割がわかった」

「これからは学校でもわが家でも国産の安全・安心な農作物を食べよう」

など子どもたちからの声も届きました。

img

平成17年度の様子

平成17年度は、平塚市立大野小学校(5年生96名)

活動のようすをあわせてご覧ください。

平成25年度のようす 
お米作り編
 ・ 野菜作り編 ・ いろいろな食育活動編
(平塚市立大野小学校 5年生112名・3年生140名・ほか)

平成24年度のようす 
お米作り編
 ・ いろいろな食育活動編
(平塚市立大野小学校 5年生112名・ほか)

平成23年度のようす 
水稲もち米編
 ・ 大豆作と味噌造り編
(平塚市立大野小学校 5年生107名・3年生115名)

平成22年度のようす
(平塚市立大野小学校 5年生130名)

平成21年度のようす
(平塚市立大野小学校 5年生117名)

平成20年度のようす
(平塚市立大野小学校 5年生116名)

平成19年度のようす
(平塚市立大野小学校 5年生109名)

平成18年度のようす
(平塚市立八幡小学校 6年生66名)