安心マーク「JA米」
トップページへ戻る
JA米とは?
JA米の要件
JA米マークとは?
JA米の特長
JA米の重点的なとりくみ
JA米キーワード集
トップ > JA米とは? > JA米の要件
JA米の要件
JA米は、栽培の履歴がはっきりしているお米です。
あらかじめ定めた生産基準に沿って生産されたことを、生産者の記帳によって確認していることが第一の要件です。
さらに、より安心なお米をお届けするため、銘柄(産地・品種)を確認した種子を使用することや、法律で定められた検査を受けることも、JA米の要件としています。
要件1 あらかじめ定めた生産基準に沿って生産されたことを、生産者の記帳によって確認しているお米
JA・生産者グループごとに生産基準(=お米づくりのルール)を決め、その生産基準にしたがって稲を栽培します。国が定めた農薬使用基準を厳守し、使用した農薬・肥料などに関する生産情報をきちんと記録しています。
KEYWORD 種子証明書
要件2 銘柄を確認した種子を使用したお米
銘柄(産地・品種)が確かなお米をつくるために、最も注意を払わなくてはならないのが、お米の種子(種モミ)選びです。 JA米の産地では、銘柄の確認された種子を購入して使うなど、銘柄の純粋性を保つための努力をしています。そして、育苗、栽培・収穫、乾燥・脱穀、保管の各段階で、他のお米と混ざらないようきちんと分けて管理し、出荷しています。
要件3 法律で定められた検査を受けたお米
JA米は国に登録された機関で農産物検査を受けます。国の法律に基づいて、品質の良否、異物・被害粒の混入、水分などお米の品位格付けを行う検査です。
JAS法によって品種・産地・年産の表示をすることを認められているのは三等級以上に格付けされたお米のみとなります。
JA米マークとは? へすすむ
JA全農 全農ホームページに掲載の文章・記事・写真・図などの無断転載を禁止します。著作権は全農またはその情報提供者に帰属します。
copyright(c)Zen-Noh,Allrights reserved.