かるての達人

「かるての達人」は、「診作くんマイスター」やエクセル等、既存の土壌診断プログラムの分析・診断データを使って、「見やすく、わかりやすい」土壌診断処方箋を作成するソフトです。診断結果や提案資材等を活用して、自由にデザイン・レイアウトできるので、日頃の営農指導の経験を生かした担当者オリジナルの処方箋を作ることができます。
>> かるての達人チラシ(PDF:2.5MB)

資料請求・お問い合わせ先
メール : zz_zk_hiryo-gijutsu@zennoh.or.jp

特徴

利用場面に応じてオリジナルの土壌診断処方箋が用意できます!

土壌診断処方箋は、一般的に「圃場環境」「分析結果」「診断コメント」 「推奨肥料」などから構成されています。「かるての達人」では、これらの項目の表示方法や表示位置、大きさ等を自由にレイアウトすることができます。

レイアウトパターンはあらかじめ数種類用意してありますが、表示項目を絞ったダイジェスト版や「診断コメント」欄の大きな処方箋など、オリジナルのレイアウトパターンも作成できます。また、用紙サイズもB4 やA3 など、プリンタの機能に応じて自由に選べます。

機能

画像やイラストを自由に配置

jpeg形式、ビットマップ形式の画像を自由に配置することができます。例えば、診断担当者の顔写真やイラスト、提案資材のパッケージ写真等を追加するだけでも、生産者にとって親しみやすく理解しやすい処方箋に仕上がります。

2つまで表示できるレーダーチャート

読み込んだ数値を基に、レーダーチャートを2つまで表示できます。レーダーチャートは、線の色や太さ、目盛等を細かく設定できるので、現在の土壌の状態を一目でわかりやすく表示できます。

また、オリジナルの計算式を作って、診断結果を百点満点で点数化したり、「合◎格」「あと一歩」などと評価することもできます。

文字や線の表示を自由に設定

文字のフォント・サイズ・色やケイ線を自由に設定できます。高齢者でも読みやすいよう文字サイズを大きくしたり、分析結果で「過剰」「不足」な項目を色付けして強調することで、診断の結果や診断者の意図が生産者に伝わりやすくなります。