親子で楽しむ酪農の仕事に関する豆知識

いつスーパーマーケットに行っても、沢山並んでいる牛乳。その牛乳を生み出している牛の事についてちょっと学んでみませんか? 今月はクイズ形式で牛の体のしくみ、そして酪農家たちの仕事を紹介します。

Qお乳が出る牛の条件とは?

牧場にいる牛は、どんな牛でも自動的に毎日お乳がでる。そう思っている方はいませんか?人間のお母さんのことを考えてみましょう。お乳が出るのは、赤ちゃんを産んでしばらくの間だけ。牛も実は同じなんです。妊娠して、子牛を産んで、はじめてお乳が出ます。つまりお乳を出してくれるのは、子供を産んだ後の雌牛だけなのです。

牛は誕生してから約14ヵ月後種付けされ、その後約10ヶ月の妊娠期間を得て出産。母牛としてようやくお乳が出る状態になるのは、生まれてから約2年も先の事。出産後2~3ヶ月をピークに約10ヶ月搾乳が続き、その後は約2ヶ月搾乳をやめ次の出産に備える――こうした流れを繰り返しながら、乳牛としての役目を果たしているのです。

お乳が出る状態になるまで約2年もかかるという計算になりますが、妊娠に出産、そして子牛を育て上げる作業など、お乳を出さない時期の牛の世話も酪農家にとっては大事な仕事です。妊娠時の牛のケアは細心の注意が必要となりますし、牛のお産も人間同様いつ生まれるかわからないので、出産体制に入ったら24時間見守ります。

牛は生き物です。愛情をかけて育てれば、その気持ちは牛たちにも伝わる――酪農家たちは、そう考えています。美味しい牛乳を生み出すために、産まれてからの長い期間、可能な限りの手間をかけて、一頭一頭大切に世話をしているのです。

A出産した雌牛だけ。 愛情かけて育てた牛から大事なお乳をもらいます。

*(社)中央酪農会議 作成協力

< 酪農家の仕事は、乳しぼりだけ? | 牛のお乳は、何でできている? >