グリーンガソリン

バイオ燃料とは

バイオ燃料って何?

バイオ燃料とは生物体(バイオマス)を活用したアルコール燃料、その他合成ガスのこと。
石油のような限りある資源の代替燃料として注目されているほか、原料となる植物が光合成により二酸化炭素を吸収するため、燃焼させても二酸化炭素は増加しないとみなされる、いわゆる「カーボンニュートラル」の燃料としても注目されています。

エネルギーの自給率向上

日本にはエネルギー資源がほとんどなく、大半を輸入に頼っています。
イネ原料バイオエタノールを利用することでエネルギーの自給率を向上させることができます。

地球温暖化対策に活躍!

バイオ燃料をガソリンに一定量混入させて利用することで温室効果ガスを削減することができます。

原料について

バイオエタノールはさまざまな植物から製造が可能です。
海外の例では、アメリカではトウモロコシから、ブラジルではサトウキビからエタノールが製造されています。
わが国では、イネがエタノール製造に適した原料であると考えています。米作りは長年にわたって行われていて、最も多く生産されている農産物です。
また、トウモロコシ・サトウキビ・小麦のなかでは、イネが一番エタノール生産効率が良いことも理由の1つです。

イネからバイオエタノールができるまで

JA全農バイオエタノール製造所では、原料イネからエタノールを製造しています。

(1)玄米の粉砕
(2)酵素による液化、糖化
(3)酵母による発酵
ここまでで、日本酒のようにアルコール濃度の低い『低濃度エタノール』ができます。

(4)蒸留
(5)脱水
これで、『高濃度エタノール』の出来上がりです。

イネ原料バイオエタノールの製造工程(イメージ)

グリーンガソリンとは

“グリーンガソリン”って何?

*ガソリンの色は実際にはグリーンではありません。

「グリーンガソリン(愛称)」は、イネ原料のバイオエタノールを混合したガソリンです。
原料となるイネの生産からエタノールの製造、グリーンガソリンの販売まですべてを新潟県内で行う、 地産地消のエネルギーです。

 通常のレギュラーガソリンに、イネを原料としたバイオエタノールを混合した、環境にやさしい新しいガソリンです。

 品質は通常のレギュラーガソリンと同等です。
揮発油等の品質の確保等に関する法律(品確法)の規格に適合したガソリンです。

グリーンガソリンのしくみ

バイオエタノール製造所で製造したバイオエタノールを、JA全農新潟石油基地でレギュラーガソリンと混合し、新潟県内の《JA-SS》で販売しています。

グリーンガソリン利用の効果

環境のこと、地域のことを考えたこれからのガソリン。
このグリーンガソリンを利用すると・・・

 田んぼを有効に使うことができる。

 二酸化炭素を削減して“地球温暖化の防止”につながる

 地元でつくる地産地消のエネルギーとなる。

グリーンガソリンの利用によるカーボンニュートラルのイメージ

燃料を燃やして二酸化炭素(CO2)をだしても、バイオエタノールの原料となるイネが吸収してくれるから、結果として二酸化炭素は増えないとみなされます。

グリーンガソリン取扱JA-SS一覧

“グリーンガソリン”はどこで給油できる?!

環境にやさしい地産地消のエネルギー“グリーンガソリン”は、
新潟県内の6箇所のJA-SSで給油できます。

グリーンガソリン取扱JA-SS一覧

  JA名 SS名 住所 電話番号
1 JA新潟みらい 五泉東部セルフSS 五泉市論瀬5980 0250-43-6158
2 JA越後ながおか 堺SS  長岡市堺町字浦田2667 0258-27-9971
3 JA津南町 下船渡SS  中魚沼郡津南町大字下船渡甲5069-2 025-765-2382
4 JA越後さんとう サンセットわしまSS  長岡市両高1839 0258-74-2966
5 JA越後おぢや 南部SS  小千谷市真人町丁91-1 0258-86-2163
6 全農エネルギ-(株) JASS-PORT亀田 新潟市江南区旭3丁目1158番地1 025-381-5355

お問い合わせ

お問い合わせは、以下にご連絡ください。

メールアドレス:

全国農業協同組合連合会

・燃料部 総合課 バイオエタノール製造所