米穀事業(米穀の販売)

米穀事業について

日本人のかけがえのない主食である「お米」。その需要と供給の安定をはかるために、需要に見合った計画生産の推進や、取引先等の需要を踏まえた安定的取引の拡大に、JAグループ一体となって取り組んでいます。
消費者に安全・安心なお米が届けられるよう、栽培履歴の記帳等が確認されている「JA米」の取り扱いの拡大に取り組んでいます。また、流通コストの削減や、安全で高品質な国産米を海外へ輸出する事業にも力を入れています。
水田機能をフル活用できる「飼料用米」・「米粉用米」・「加工用米」の生産・供給にも取組んでいます。また、「お米」の良さを情報発信するなど、お米の消費拡大も促進しています。

米穀・パールライス関連等情報についてはこちら

> 米(マイ)ライフ
> おにぎりダイエット

米穀事業取扱高の推移

米穀事業取扱高の推移

お米の流通

全農のシェア率

国内で約750万トンの米が生産されていますが、消費者の皆様の手に届くまでにはさまざまなルートがあります。その中でJAグループでは全体の約4割、またJA全農では約3割を取り扱っています(平成27年産米)。

お米の流通イメージ図

※詳しくは全農リポートをご覧ください。