施設農住事業

施設農住事業について

JAや組合員(施主)が建設する各種の建築物や農業用機械プラントについて、計画づくりから設計、建設業者が請負った工事の施工管理または工事検査を行い、その引渡しまで、施主が行う施設建設に関わる業務を施主の立場で支援しています。全農では各県本部に一級建築士事務所を設置し、各県域を事業地域とした設計・監理体制を持っています。
また、営農・技術センター等で農業用機械プラントの性能試験・調査等も実施しています。
建築物等を幅広く取扱う施設農住事業は、対象施設により施設事業と農住事業に区分されます 。

施設事業

施設事業の取扱品目

農家が生産した農畜産物を消費地に届けるために必要となる様々な共同利用施設やJA等の事業施設等を対象とし、施主の委任を受け、導入指導から設計・施工管理、引渡しまで施主代行により対応しています。具体的には次の品目です。

農業施設 穀類乾燥調製貯蔵施設(カントリーエレベーター、ライスセンター等)、精米施設、水稲育苗施設、青果物集出荷・選果施設、青果物予冷施設、農産加工施設、畜舎、堆肥化施設、食肉・加工施設等
建築・建材 事務所、ガソリンスタンド、直売所、店舗、福祉施設、葬祭場、病院、倉庫等およびその設備、建材

施設事業の取扱実績

施設事業の取扱実績は次のとおりです。
農業施設は、補助金を活用した施設建設が中心で、既存施設の再編整備や機能高度化にともなう施設更新が増加しています。
建築・建材は、JA会館や厚生連病院の建替え等、大規模工事の有無により年度毎の取扱実績増減が大きくなる特徴があります。

施設事業の取組み

  • 高度化・多様化する農業施設投資に対するニーズへの対応
    農畜産物の生産コスト低減や有利販売に資する農業施設の機能高度化や再編整備、中長期の補改修計画の策定支援など、JAの施設建設・維持管理に対する様々なニーズに対応しています。
  • 提案活動
    老朽化による設備更新や建替え、再編集約、エネルギーコスト低減に資する設備導入、耐震改修など様々な提案を行っています。
  • 施設の適正な維持管理
    定期点検や農業施設の稼動前点検を推進し、施設の適正な維持管理に取組んでいます。
  • 講習会
    JA職員を対象に、穀類乾燥調製貯蔵施設等の運転操作に従事するために必要な国家資格(乾燥設備作業主任者、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者)取得ができる講習会を営農・技術センターで実施しています。
    また、穀類乾燥調製貯蔵施設を対象に、JA職員が自ら保守管理を適切に行うため、共乾施設保守管理講習会を実施しています。

農住事業

農住事業の取扱品目

「農と住の調和した豊かなまちづくり」を目指し、組合員が行う資産管理事業や土地の有効活用を支援するため、都市圏を中心にJAと連携し組合員の資産管理の相談対応を行っています。賃貸住宅や戸建住宅の建設にあたっては、施主の委任を受け、工事検査、引渡しまで施主代行により対応しています。また、リフォーム等も取扱っています。
なお、農住事業の取扱いをしていない県本部もあります。詳しくは各県本部にお問い合わせください。
主な取扱品目は次のとおりです。

賃貸住宅 賃貸住宅、賃貸施設、高齢者福祉施設等
戸建住宅・リフォーム 戸建住宅、戸建リフォーム、白蟻防除等

農住事業の取扱実績

農住事業の取扱実績は次のとおりです。
賃貸住宅は、需要が多い首都圏を中心に取扱いが多く、近年は戸建リフォームの取扱いも増加しています。

農住事業の取組み

  • 組合員の賃貸住宅経営の安定
    JA、ハウスメーカーと連携し、入居者やテナントニーズに合致した企画・商品充実を図り、安定的な事業提案をすすめています。
  • 組合員への相談・提案活動
    土地活用や相続対策・事業承継等の専門的な相談への対応強化をはかるため、JAの資産管理担当者等を対象とした研修会を開催し、JAの相談・提案活動を支援しています。
  • リフォーム・リノベーション
    住宅の内外装の一新、耐震補強を含めた新たなリフォーム・リノベーション提案をすすめています。

建築・プラント技術者体制

一級建築士事務所の設置

全農は、各県本部に一級建築士事務所を設置し、基本設計、実施設計の作成、工事監理を行っています。また、農業施設の基本設計作成やプラントメーカーが作成した実施設計を検討し施工管理する体制も整備しています。

設計監理の取扱実績

設計監理の工事金額、設計物件数は次のとおりです。