輸出事業

輸出事業について

TAC

輸出事業は、海外に新たな需要を開拓するために不可欠な事業です。全農はグループをあげて、安全で高品質な日本産農畜産物の輸出に取り組んでいます。

全農は2017年4月より輸出対策部を新設し、輸出事業の促進および輸出用産地づくりに取り組んでいます。 輸出実務は子会社であるJA全農インターナショナルに集約し、海外においては、現地での販売強化のため、新規拠点の設置をすすめています。

輸出用産地づくり

 全農は輸出先国のニーズ等を踏まえ、それに対応した持続可能な生産・輸送・販売体制を確立していきます。
 輸出先国のニーズに基づく輸出用商品を生産する日本国内での産地づくりをすすめています。

宮城県・甘藷

輸出ワンストップ窓口の開設

 輸出関係情報を発信するホームページ「輸出ワンストップ窓口」*を開設し、輸出に関する情報発信を行うとともに、JA等からの輸出に関する質問・相談への対応や、海外の小売店でのテスト販売機会を提供するなど、輸出意欲のある産地の開拓をすすめています。

*輸出ワンストップ窓口 > https://agri.ja-group.jp/export/

輸送体制の構築

 青果物の品質保持に有効な技術の試験・導入や、複数産地の貨物を混載する共同物流等により、鮮度を維持し、かつ効率的な輸送体制の構築をすすめています。

複数産地の貨物の混載輸送試験

常設販売棚の設置・活用

 全農は海外の小売店に確保した常設販売棚にて一年を通して日本産農畜産物の販売を展開するとともに、旬の青果物のフェア・試食販売会等を開催しています。

常設販売棚
全農フェア

海外レストラン事業の展開

 全農は海外の主要都市に直営レストランを出店し、日本の農畜産物を使用した和食などのメニューを提供しています。また海外で十分に普及していない和牛の食べ方など、日本食の普及に関する情報発信を行っています。

TOKIMEITĒ(イギリス・ロンドン)
SHIKI Beverly Hills(アメリカ・カリフォルニア)

海外食品卸企業への出資、連携

 海外の販売見込先(卸、小売、外食等)への営業を強化するとともに、販売機能強化のため現地卸等への出資など連携をすすめています。

TAC海外食品卸企業の買収
イギリス・SFGホールディングス(株)