ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2014年09月26日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

平成26年10~12月期の配合飼料供給価格について

 平成26年10~12月期の配合飼料供給価格については、飼料情勢・外国為替情勢等を踏まえ、平成26年7~9月期に対し、全国全畜種総平均トンあたり約2,650円値下げすることに決定しました。
 なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

 飼料情勢は以下のとおりです。

1.飼料穀物
 とうもろこしのシカゴ定期は、5月中旬には480セント/ブッシュル台で推移していたが、その後良好な天候が続いたことから下落し、9月11日発表の米国農務省需給見通しで史上最高の生産量見通しとなったことなどにより、現在は340セント/ブッシュル前後で推移している。一方、シカゴ定期に加算される内陸産地からの輸送運賃などが、米国の景気回復により高騰し輸出価格の下落を一定抑える要因となっている。
 今後は、冬場に向けた輸出需要の増加が予想されるものの、収穫が順調にすすめば大豊作が期待されることから、相場は弱含みで推移すると見込まれる。

2.大豆粕
 大豆粕のシカゴ定期は、5月には500ドル/トンを超える水準で推移していたが、豊作期待による米国産新穀大豆の下落を受けて420ドル/トン台まで急落した。しかし、米国産旧穀大豆の期末在庫率が3.85%と史上最低水準であり、大豆粕の輸出需要も旺盛であることから上昇し、現在は450ドル/トン前後で推移している。
 国内大豆粕価格は、前期に比べシカゴ定期が下落していることから、値下がりが見込まれる。

3.海上運賃
 米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、5月中旬には45ドル/トンを超える水準であったが、南米産新穀の輸送需要が一段落したことや中国向け石炭等の輸送需要が低調であったことなどから、7月中旬には40ドル/トン台まで下落した。その後、北米産新穀の輸出需要の増加見込みなどから上昇に転じ、現在は45ドル/トンを上回る水準で推移している。
 今後は、新造船の竣工により船腹の供給は増加するものの、北米産新穀の輸出や中国の石炭輸入が本格化することから、堅調に推移すると見込まれる。

4.外国為替
 外国為替は、4月以降101円から103円前後のレンジで推移していたが、8月下旬に米国の住宅関連指標が良好であったこと、ウクライナ紛争の解決機運が高まりリスク回避の動きが弱まったことなどからレンジを超えた円安となり、さらに米国の利上げ時期が早まるとの見方などから円安がすすみ、現在は107円前後で推移している。
 今後は、米国の景気回復への期待感から円は弱含みで推移すると見込まれる。

 以上から、外国為替は円安であるものの、とうもろこしのシカゴ定期と大豆粕価格の値下がりなどにより、平成26年10~12月期の配合飼料供給価格は前期に比べ値下げとなる。

以上

一覧に戻る

ページ上部へ