ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2014年10月03日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

西日本地区における配合飼料供給体制整備について

 JA全農の子会社であるJA西日本くみあい飼料(株)(本社:神戸市、代表取締役会長:薬師寺眞人)と全農サイロ(株)(本社:東京、代表取締役社長:平間弘記)は、(株)J-オイルミルズ(本社:東京、代表取締役社長:楳田純和)とともに岡山県倉敷市の玉島ハーバーアイランドに3社が区々に建設する飼料工場、サイロ、搾油工場からなる食料コンビナートを構築することで岡山県(伊原木隆太知事)ならびに倉敷市(伊東香織市長)と合意しました。食料コンビナートは平成29年4月稼動を目指す予定です。

 JA西日本くみあい飼料(株)、全農サイロ(株)、(株)J-オイルミルズの3社は、岡山県が玉島ハーバーアイランドに分譲する用地に飼料工場、サイロ、搾油工場を隣接して建設するとともに、それぞれの施設をコンベアで結ぶことによって原料(穀物、大豆等)ならびに生産物(大豆ミール等)を効率的に搬送できる体制が整います。

1.JA西日本くみあい飼料(株)、全農サイロ(株)の体制整備予定
 (1)JA西日本くみあい飼料(株)
  老朽化している神戸工場、水島工場ならびに坂出工場を順次閉鎖して今回建設する新水島工場(仮称)への集約をすすめ、宇和島工場との2工場体制とする予定です。
 (2)全農サイロ(株)
  JA西日本くみあい飼料(株)のあらたな製造体制に対応するため、神戸支店を閉鎖して新サイロ(玉島支店)に移転します。

  これにより西日本地区(近畿、四国、中国)における配合飼料の合理的・安定的な供給体制が実現します。

 JA全農は、変化する配合飼料需要への対応力をいっそう強化し、高品質で安全・安心な配合飼料の供給をすすめていきます。

 <JA西日本くみあい飼料(株)新工場の概要>
  事業内容     :畜産用配合飼料の開発・製造・販売
  工場敷地面積 :5万㎡
  年間生産予定 :80万トン(配合飼料)
  配送エリア   :近畿、四国、中国(山口除く)
  人員数      :約50名
  工場稼動予定:平成29年4月

  <全農サイロ(株)新サイロの概要>
  事業内容     :穀物・大豆等の保管
  サイロ敷地面積 :3万㎡
  サイロ容量    :11万トン(とうもろこし換算)
  人員数       :約20名
  工場稼動予定  :平成29年4月

以上

一覧に戻る

ページ上部へ