ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2014年06月11日

全国農業協同組合連合会(JA全農)
JA全農ミートフーズ株式会社

ヨーロッパ向け和牛輸出記念式典について

 全農グループは、平成26年6月以降、EUへの和牛輸出認可に伴い、EU各国にて本格的な販売活動を開始します。
 全農グループは、牛肉の輸出拡大に向け、アメリカおよびシンガポールへの販売拠点を昨年11月に設置しました。EU市場は約5億人の人口を有する有望なマーケットであり、EUの経済圏の中心であるロンドンには今後も富裕層の増加等による需要の拡大が見込まれます。和牛の販売量拡大および周辺各国への営業活動の強化のため、新たにロンドンに販売拠点を設置し、「和牛の高品質」、「おいしさ」、「安全性」を同マーケットでアピールします。また、和牛の需要拡大および日本の農畜産業の発展のため、EU向けに本格的に和牛輸出を開始します。つきましては、ロンドンにて「和牛輸出記念式典」を以下のとおり行います。

1.目的:
(1)和牛輸出の意義や日本の生産者の思いを伝える
(2)「和牛の高品質」、「おいしさ」、「安全性」の紹介について
(3)和牛を使った料理の紹介と試食
(4)全農ロンドン駐在事務所紹介

2.和牛輸出記念式典:
(1)日時  :平成26年6月23日(月曜日) 13時30分~15時00分(受付13時00分~)
(2)場所  :NOBU BERKELEY ST店
       (住所)15 Berkeley St London W1J 8DY
(3)主催者:JA全農、JA全農ミートフーズ(株)
(4)協賛  :JA全中、農林中央金庫
(5)来賓  :在イギリス日本大使館
(6)招待客:事業関係 レストランシェフ、食肉卸業者、コーディネーターなど
        行政関係 JETROなど
        関連団体 東京海上など

3.式典内容:
(1)開会挨拶
(2)和牛輸出戦略の説明
(3)来賓代表挨拶及び乾杯 日本大使館
(4)料理紹介          NOBU BERKELEY ST店 料理長
(5)質疑応答          JA全農 経営管理委員会会長        中野吉實
                  JA全農 常務理事                小原良教
                  JA全農ミートフーズ(株) 代表取締役社長 木村敬
(6)閉会挨拶

以上

平成24年9月に行われた米国向け輸出再開記念式典の様子

一覧に戻る

ページ上部へ