ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2015年05月18日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

みのりみのるマルシェ 大阪府「大阪泉州の実り」in 銀座三越の開催について

 平成23年からはじめた「みのりみのるマルシェ」は、TACが生産者の想い、その土地の歴史・文化、おいしい食ベ方などを生活者に発信し、地域振興につなげることが目的です。
 今回の「みのりみのるマルシェ」ではJA大阪泉州を特集します。
 江戸時代から栽培が続く「泉州水なす」をはじめ、100年の歴史を持つ「大阪みつば」、本州で最も早く栽培が導入された「泉州たまねぎ」など、地域を代表する伝統野菜や旬の食材を取り揃えます。

 ※TAC(Team for Agricultural Coordination):全国各地のJAとJA全農が組織する農業コーディネートチーム。約2,000名が9万件の担い手農家・法人を日常的に訪問し、意見・要望に応えています。

【マルシェ概要】

 【泉州水なす】

1.開催日時:平成27年5月23日(土曜日)
         10時30分~18時00分

2.開催場所:銀座三越9階銀座テラスコート
         東京都中央区銀座4―6―16

3.販売品目:泉州水なす、泉州たまねぎ、大阪みつば、
         一寸そらまめ、泉州水なす浅漬け等

4.その他
 毎月発行のフリーペーパー「Agrifuture」では、地域の農畜産物や地域の魅力、生産者の生の声を紹介しています。
 4月27日発行の「Agrifuture」38号(JA大阪泉州)は銀座三越9階みのりカフェ・みのる食堂およびマルシェ会場で配布します。『みのりみのるプロジェクト』※HPでも閲覧可能です。

 ※『みのりみのるプロジェクト』は、JAのTACが聴き取った農業生産者一人ひとりの意見・要望に迅速に応えるため、平成22年に発足しました。

一覧に戻る

ページ上部へ