ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2015年11月20日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

TACパワーアップ大会2015の開催について

JAグループでは、国産農畜産物の安定供給や持続可能な地域農業の実現のため、担い手の育成・支援を通じ、地域生産振興に取り組んでいます。

その最前線では、地域農業の担い手(農家)に出向くJAの担当者(愛称:TAC<タック>)が活躍しています。TACは、全国各地のJAとJA全農が組織する農業コーディネートチームで、全国274JA、1,819名のTACが、約10万の担い手に日々出向き、年間約77万回の訪問をおこなっています。5年後、10年後と地域農業を担っていく「地域農業の担い手」の声・要望を収集し、所得向上等に向けた課題解決を図るとともに、JAグループの事業に反映させ、事業基盤の充実を図っています。

今回、全国のTACの活動事例の共有化や活動成果を称える全国大会「TACパワーアップ大会2015」を開催します。第8回目となる今大会は、1.若手農業者や農業法人など、将来の担い手との関係強化を重視する、2.JAの総合力を発揮した部門間連携の促進やTACの活動の見える化を促進する、をコンセプトに優秀な活動をしているJA・TACの表彰や事例発表をおこなうとともに、今回は若手農業者や農業法人も交えたより実践的な分科会等も実施します。

TACパワーアップ大会2015の概要

日時 :平成27年11月26日(木曜日)13.00時~11月27日(金曜日)14.30時まで
場所 :新横浜プリンスホテル 5F シンフォニア
    〒222-8533 神奈川県横浜市港北区新横浜3-4 ℡045-471-1111
参加者:JA担当者(TAC)、連合会関係職員他 計530名

TACの取組事例(日本農業新聞 平成27年3月16日~20日掲載記事)

20151120-3-1.pdf

20151120-3-2.pdf

20151120-3-3.pdf

20151120-3-4.pdf

20151120-3-5.pdf

一覧に戻る

ページ上部へ