ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2015年01月07日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

みのりみのるマルシェ「岐阜県 飛騨&美濃の実り」in 銀座三越の開催について

 JA全農は、平成23年よりJAのTACが地域の農畜産物をストーリーとともに生活者に紹介する場として「みのりみのるマルシェ」を開催しています。
 今回の「みのりみのるマルシェ」は、飛騨&美濃の農畜産物を特集します。
 きめ細やかな霜降りの「飛騨牛」、安全・安心・おいしさをとことん追求した「飛騨旨豚」、椎茸の全国品評会で2年連続日本一に輝いた「飛騨やまっこ」、平成25年度食味鑑定コンクール金賞の「コシヒカリ」など、岐阜県下のTACが、特産物の特徴やおいしい食べ方を消費者の皆さんに直接紹介します。
 ※TAC(Team for agricultural coordination):全国各地のJAとJA全農が組織する農業コーディネートチーム。約2,000名が9万件の担い手農家・法人を日常的に訪問し、意見要望に応えています。

【マルシェ概要】
1.開催日時:平成27年1月17日(土曜日)10時30分~18時00分
2.開催場所:銀座三越9階銀座テラスコート
          東京都中央区銀座4―6―16
3.参加JA :JAひだ、JAひがしみの、JAいび川、JAぎふ、JAめぐみの
4.販売品目:飛騨牛、飛騨旨豚、飛騨やまっこ、いちご(濃姫・美濃娘)、常上蜂屋柿など
5.その他
 毎月発行のフリーペーパー「Agrifuture」では、地域の農畜産物や地域の魅力、生産者の生の声を紹介しています。
 12月26日発行の「Agrifuture」34号(JAひだ&JAひがしみの)は銀座三越9階みのりカフェ・みのる食堂およびマルシェ会場で配布します。『みのりみのるプロジェクト』HP(http://minoriminoru.jp/agrifuture/)でも閲覧可能です。
 ※『みのりみのるプロジェクト』は、JAのTACが聴き取った農業生産者一人ひとりの意見・要望に迅速に応えるため、平成22年に発足しました。

以上

PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社より無償で配布されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない場合は、左の“Get Adobe Reader”アイコンをクリックしてください。

一覧に戻る

ページ上部へ