ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2017年10月12日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

JR大阪駅みのりみのるマルシェ「和歌山の実り」の開催について 柿のハロウィンコーナーやIターン・Uターン相談会も実施

 JA全農はJR西日本と地域振興協定を結び、JR大阪駅アトリウム広場で「JR大阪駅みのりみのるマルシェ」(以下 マルシェ)を実施しています。10月14日・15日に、和歌山の秋の農産物を集め、みのりみのるマルシェ「和歌山の実り」を開催します。 
 マルシェは生産者と生活者が互いを想い、食と農を通じて共感すべく、TAC※や生産者が地域の農産物、それを育む地域の歴史や文化、生産者の想いなどを伝える取り組みです。
 マルシェ当日は、大型映像装置で和歌山の生産者・農産物・歴史・文化・自然をPRする映像を放映し、“紀の川柿”や“ゆら早生みかん”等、旬の農産物の紹介・試食販売を実施します。
 また、和歌山へのIターン・Uターン相談会、柿の生産者を訪れる「つくり手を訪ねるツアー」、柿を使ったハロウィンパーティー提案コーナー、和歌山の農産物のゆるキャラ“みかっぴ“と”かき音ちゃん”の紹介、等も実施します。ぜひご取材ください。
 ※TACは、地域農業の担い手農家に出向くJA担当者の愛称です。

第26回JR大阪駅みのりみのるマルシェ「和歌山の実り」開催概要

日時:平成29年10月14日(土曜日)・15(日曜日)11:00~18:00(売切次第終了)
   ※雨天決行、荒天中止、開催日時は変更になる場合があります。
場所:大阪駅ノースゲートビルディング2階「アトリウム広場」
内容:紀の川柿、富有柿、ゆら早生みかん、いちじく、ミニトマト等、新鮮な野菜や特産加工品の紹介・試食販売。大型映像装置での和歌山のスライドショーの放映、和歌山への就農相談コーナー、つくり手を訪ねるツアー紹介(11月5日新大阪駅発)コーナー、柿のハロウィンコーナー、ゆるきゃら(みかっぴ、かき音ちゃん)の登場等各種イベント。

一覧に戻る

ページ上部へ