ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2017年11月10日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

「TACパワーアップ大会2017」の開催について

JA全農は11月16日、17日、全国のTACの活動成果を共有する全国大会「TACパワーアップ大会2017」を新横浜プリンスホテル(神奈川県横浜市)で開催します。

JAグループ自己改革の最前線では、地域農業の担い手に出向くJAの担当者「TAC」が活躍しています。TACは、全国各地のJAとJA全農が組織する農業コーディネートチームで、全国264JAで1,741名のTACが、約8万戸の大規模農家や農業法人等の担い手に日々出向き、年間約66万回の訪問活動を行っています。5年後、10年後と地域農業を担っていく「地域農業の担い手」の声・要望を収集し、農業所得向上等に向けた課題解決を図っています。

第10回目の節目となる今大会は、1.TACの原点を振り返りながら、担い手との信頼関係の更なる強化、2.JAグループ内、販売先・生活者、担い手組織との3つの接点づくり強化、3.農業界の世代交代を着実に進めるための事業承継への取組開始の3点をコンセプトに優秀な活動をしているJAやTACの表彰や事例発表を行うとともに、農業者3団体(日本農業法人協会、全国農協青年組織協議会、全国農業青年クラブ連絡協議会)の協力を得て、より実践的な分科会等も実施します。

TACパワーアップ大会2017の概要

日 時:平成29年11月16日(木曜日)11:00~20:00 
       11月17日(金曜日) 8:30~14:30
場 所:新横浜プリンスホテル 5F シンフォニア
      神奈川県横浜市港北区新横浜3-4 
参加者:JA担当者(TAC)、連合会関係職員他 約600名

一覧に戻る

ページ上部へ