ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2017年12月22日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

兵庫県からの景品表示法に基づく「措置命令」および農林水産省からの牛トレーサビリティ法に基づく「勧告」について

本会兵庫県本部直営レストラン「神戸プレジール」本店(兵庫県神戸市中央区)におけるメニュー表示と異なる食材を使用して料理を提供していたことについて、平成29年12月22日付で、兵庫県から「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」規定に基づく「措置命令」および農林水産省から「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法(牛トレーサビリティ法)」規定に基づく「勧告」を受けました。

ご利用いただいたお客様に多大なるご迷惑をおかけしただけでなく、生産者・関係者の長年のご努力により築き上げた神戸牛ブランドの信用を傷つけたことに対し、あらためて深くお詫びいたします。

本会は10月24日に外部弁護士を委員長とする調査委員会(特別調査委員会)を設置し、再発防止に向けて事実関係および原因究明の調査に取り組んでいるところです。
本会としてはこの度の措置を真摯に受け止めるとともに、特別調査委員会からの提言を踏まえ、措置命令および勧告に基づく対応策を講じ、あらためて役職員一丸となり、再発防止と法令遵守態勢の一層の強化に努めてまいります。

一覧に戻る

ページ上部へ