ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2018年02月16日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

みのりみのるマルシェ「群馬県 たのふじの実り」in 銀座三越の開催

JA全農は2月24日に「みのりみのるマルシェ『群馬県 たのふじの実り』」を銀座三越で開催します。みのりみのるマルシェは、月刊フリーペーパー「AGRIFUTURE※1」で紹介した地域の旬の食材、生産者の想い、受け継がれた文化などを、TAC※2や生産者が生活者に直接紹介する催しです。
JAたのふじは都心から100キロ圏内の関東平野最北端に位置し、群馬県南西部の藤岡市、高崎市新町、高崎市吉井町、多野郡神流町、多野郡上野村からなります。この地域は世界文化遺産となった高山社跡や七輿山古墳(ななこしやまこふん)、関東管領上杉氏の拠点平井城、馬庭念流道場など多くの文化・名所をもつ地域です。また、水と緑に恵まれ、園芸作物や、米、麦、畜産、花きなど様々な高品質な農産物が生産されています。
マルシェ当日は、群馬県育成品種・大粒でまろやかな甘みが特徴のいちご「やよいひめ」、冬から春の日照時間の長さと乾燥した空気によって美味しく育ったトマト「ふじ娘」、新鮮でみずみずしさが好評のキュウリ、色鮮やかな洋蘭「シンビジューム」などJAたのふじの旬の野菜、果物、加工品などを銀座に直送し、地元の生産者やJA担当者TACが美味しい食べ方を紹介しながら販売します。

※1 地域の農畜産物や地域の魅力、生産者の生の声を紹介。今回マルシェに参加するJAを特集したAGRIFUTUREは下記のホームページから閲覧できます。
※2 TAC(Team for Agricultural Coordination):全国各地のJAとJA全農が組織する農業コーディネートチーム。約1,800名が約9万戸の担い手農家・法人を日常的に訪問し、意見・要望に応えています。
※3 取扱品目は変更になる可能性があります。

マルシェ概要

開催日時:平成30年2月24日(土曜日) 10:30~18:00
開催場所:銀座三越9階銀座テラス 東京都中央区銀座4-6-16
販売品目:いちご「やよいひめ」、トマト「ふじ娘」、キュウリ、洋蘭「シンビジューム」、なめこ、タラの芽、ふきのとう、かき菜、古代米、ヒラタケ、原木しいたけ 等

一覧に戻る

ページ上部へ