ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2018年02月22日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

米国での食肉加工販売会社の稼動開始について

JA全農の米国子会社である全農アメリカ株式会社は、ポセイドン・グループ・インターナショナル・インク(本社:米国ロサンゼルス、以下「ポセイドン社」)とロサンゼルス近郊に昨年11月に設立した食肉加工販売会社の稼動を開始します。
米国は香港に次ぐ国産牛肉の重要な輸出先であり、またポセイドン社は平成17年(2005年)の米国輸出再開以来の重要なパートナーとして、職員の派遣や販売指導などを行ってきました。

今般稼動する食肉加工販売会社では、日本から輸出するブロック肉(約10kg)を顧客ニーズに対応した加工(ステーキサイズや薄切りスライスなど)を行い、付加価値を高めることにより、従来の卸売会社への販売に加え、量販店・ホテル・レストラン・eコマースなど消費者に近い販売先を増やし、輸出数量拡大を図るとともに、日本産米やその他の食品の取扱いも検討しています。

JA全農は、和牛など畜産物の輸出戦略である、1.食肉加工施設設置による付加価値を高めた多様なチャンネルへの販売拡大、2.プロモーション活動を通じた高級部位以外の使い方・食べ方の普及・推進、3.リテール事業の拡充、により、今後とも輸出拡大の取り組みをすすめます。

食肉加工販売会社の概要

名 称 :P&Z FINE FOODS(米国法人)
所在地 :米国カリフォルニア州 ロサンゼルス郡 パラマウント市
事業内容:畜産物等の輸入・保管・加工・販売
所有設備:食肉加工場、畜産物等の物流・保管施設
設立日 :平成29年(2017年)11月9日

一覧に戻る

ページ上部へ