ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2018年04月04日

「JA全農×立命館大学」 高校球児の食生活に関する調査等を実施 滋賀県立彦根東高等学校ほか7校が協力

JA全農は、平成30年4月より、立命館大学スポーツ健康科学部の海老久美子研究室に研究委託し、全国の高等学校計8校の野球部で、高校球児の食生活に関する調査等を実施します。
この取組みは、高校球児に対する米飯を中心とした日本型食生活についての適切な栄養教育プログラムと、高校球児自らが正しい知識をもとに自ら考えてバランス良い食事を行うなど、ライフスキルを身につけるプログラムの開発を目的としたものです。

JA全農は、こうした取り組みを通じて、高校球児の健康な体づくりや健全な精神の育成を支援していきます。

調査・研究の概要

期 間:平成30年4月~平成33年3月
対象校:滋賀県立彦根東高等学校ほか7校
内 容:研究対象校計8校に対し、定期的な身体計測(身長、体重、体脂肪率)、および身体状況・食生活に関する
    アンケートを実施することで、適切な栄養教育プログラムとライフスキル育成プログラムを開発します。
研究委託先:立命館大学スポーツ健康科学部(海老久美子 研究室)

一覧に戻る

ページ上部へ