ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2018年07月09日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

本会による佐藤食品工業株式会社との資本業務提携について

JA全農(以下本会)は、米穀の集荷・販売・加工事業に関し、佐藤食品工業株式会社(以下「サトウ食品」、本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:佐藤元)との資本・業務提携を行うことについて合意に達しましたので、お知らせします。

本会は、「『農林水産業・地域の活力創造プラン』に係る本会の対応」のなかで、米穀事業については、生産者手取りの確保と農業経営の安定を目的に、実需者への直接販売の拡大をはかることとしています。その目標達成に向けた取り組みの一つとして、直接販売拡大に資する主要実需者との関係強化を目的として資本業務提携をすすめていくことを掲げました。

本会とサトウ食品とは、従来から米穀に関する重要な取引関係にありましたが、今般、包装米飯・包装餅でトップブランドを有するサトウ食品との間で、全国の水田営農の持続的発展と国内産米の需要拡大、ならびにごはん食を通じた消費者の皆様の豊かな食生活の維持・向上を実現するために互いに協力することで合意に達したことから、業務提携契約を締結するとともに、今後、本会がサトウ食品の普通株式の一部(発行済株式総数の5%未満)を、住吉食品有限会社(本社:新潟県新潟市、取締役:佐藤元)から市場内立会外取引により取得することとしました。

今後、本会とサトウ食品とは、以下各号に対し積極的な取組の努力を行うことで、米生産基盤の健全な発展と、より競争力のある事業展開を目指します。
なお、具体的な方法及び内容につきましては、今後も継続して協議を進める予定です。

1.本会は、サトウ食品が必要とする米を積極的に確保・提案するとともに、サトウ食品の購入する米に関し、引き続き市場競争力のある品質および価格を維持した形で提供することに最大限努力する。
2.サトウ食品は、本会からの米を積極的に調達するとともに、実需者への長期安定的な販売の拡大をはかり、双方の利益となる取引に最大限努力する。
3.本会およびサトウ食品は、互いの販売・加工・物流機能を活用した合理的な事業運営の仕組みを構築することに努力する。

業務提携の相手先の概要

名称

佐藤食品工業株式会社

※東証第二部上場会社(証券コード:2923サトウ食品工業(株))

本社所在地

新潟県新潟市東区宝町13-5

代表者役職・氏名

代表取締役社長 佐藤 元

事業内容

包装餅・包装米飯製造販売、その他

売上高(連結)

387億円

資本金

543,775千円

設立年月日

昭和36年4月(創業:昭和25年4月)

従業員数

982名(正社員478名、契約社員504名)※30年4月現在

子会社

株式会社うさぎもち

全農の米穀事業取扱高:5,940億円(2016年度)

一覧に戻る

ページ上部へ