メニュー概要

分析データ入力
分析データを画面から入力します。また入力したデータを呼び出して「修正」,「削除」することもできます。
施肥来歴
過去の施肥来歴を検索できます。土づくり肥料や堆肥の種類,施肥量を管理できます。
生産者台帳・圃場特性入力
生産者の登録(生産者No,氏名の設定),圃場Noや土壌の種類,圃場特性などのデータを入力し,保管します。
分析値異常値チェックリスト印刷
分析データの一覧表を印刷した際,分析値が適正範囲をはずれている場合は使用者に注意を促します。
適正範囲は分析項目設定マスターを参照します。
処方箋作成
分析データから土壌改良および施肥に関する処方箋を作成します。
診断結果をレーダーチャートにして画面に表示します。
自動データベース作成・連続印刷
分析データの範囲を指定して処方箋計算を実施し,データベースを作成します。
また,連続して処方箋を印刷します。
分析診断台帳一覧表印刷
分析データの診断台帳を作成します。1ページに6件の分析データを印刷します。
ZA-Ⅱデータ受信
全農型土壌分析器(ZA-ⅡおよびZAパーソナル)からデータを受信して取り込みます。
外部データ出入力
Excelファイルをインポート(入力)およびエクスポート(出力)できます。
統計データ表示
分析データを統計処理して画面にヒストグラム(度数分布表)表示します。
マスター管理
処方箋作成に必要な設定値(基準値,肥料,計算定数など)を登録します。