全農のTAC方針

全農は、全国で活躍されているTACの活動の発展に向けた取り組みを進めてまいります。
平成27年度は、下記3つの事項を重点的に実施します。

1.JAの活動のレベルアップに向けた取り組み

 地域農業の担い手からの頂く意見・要望も高度化しており、また、農業やJAを取り巻く環境も日々刻々と変化していますが、JAグループの最前線に立つTACの全体的なレベルアップを目指します。

(1)地域農業やJAを取り巻く環境変化に応じた支援の実践

(2)事業部門・連合会との連携による個別事業提案対応

(3)地域生産振興の支援、生活者と担い手を結びつける活動の強化促進

(4)パワーアップ大会等をTAC管理者・TACの意欲向上に結びつく支援の実践

2.TACの活動の見える化支援

 TACの活動を担い手やJA内部にもしっかりと理解してもらい、活動を更に充実させていくための取り組みを進めます。

(1)担い手ニーズの役員・関係部門との共有化に役立つ手法の紹介・提案

(2)JAおよび県域関係部門との同行訪問の促進

(3)担い手視点の定量・定性なTACの活動に対する評価方法の確立

3.農業法人への出向く活動の強化

 担い手の中でも、今後の地域農業の核となっていく農業法人への対応を更に強化し、関係構築、経営改善にJA段階、県域段階、全国段階が一体となって取り組みます。

(1)JAのTACと県域TACによる農業法人への同行訪問の実施

(2)農業法人経営者、雇用者を対象とした研修会(労務管理、肥料農薬基礎等)の実施

(3)農業法人組織(日本農業法人協会等)との事業連携

4.若手農業者との連携及び新規就農者支援の強化

 次世代の農業を担う若手農業者や新規就農者とJAとの接点づくりを進め、JAとの事業連携や営農上の支援を強化します。

5.農家手取り最大化に向けた取り組みの強化

 生産資材事業部門と連携し、農家手取りの最大化に向けて取り組みを進めます。