TACとは

TACの意味・役割

 JAグループにとっての「重点顧客」、すなわち、現在、5年後、10年後と地域農業を担っていく農業経営者、つまり「地域農業の担い手」に日々出向き、その「担い手」の声・要望を収集しJAにつなぐことにより、JAグループの事業に反映させJAグループの事業基盤の充実に貢献していきます。
 そういった活動を行うJA担当者が“TAC”です。

TACの役割

(1)地域農業の担い手に訪問してご意見・ご要望をうかがい、誠実にお応えします。

(2)地域農業の担い手の経営に役立つ各種情報をお届けします。

(3)地域農業の担い手のご意見を持ち帰り、JAグループの業務改善につなげます。

TACの由来・意味

 平成20年4月、一般公募により「地域農業の担い手に出向くJA担当者」の愛称を単協・連合会が一体(チーム)となって地域農業をコーディネートするという意味を持つ「Team for Agricultural Coordination」の頭文字をとって「T・A・C」と決定しました。

ロゴマーク

 左側が地域農業の担い手とJA担当者であるTACが対話・相談しているシーンをイメージし、そうした対話を起点として生まれる課題解決やヒラメキを右側のエクスクラメーションマーク“!”で表現しました。

キャッチコピー

 ※TACという言葉にさらになじんでもらうために提唱。

TACの活動の目的と手順

TACの「目的」

 『担い手を訪問して聴き取った情報をもとに、担い手農家の視点に立った事業提案をおこなうことにより、担い手が成果を得られた結果、JAグループとの信頼関係が結ばれるとともにJAの事業にも結びつけていくこと』です。

TACの担い手対応の「手順」

 TACの担い手対応は、次のSTEP1からSTEP6までのSTEPを踏んで進めます。
 これを繰り返すことにより、担い手との信頼関係を高め、パートナーシップを深めていくことが出来ます。

STEP1 農業経営規模やJA利用率をもとに、中長期的な視点から地域農業がどうなるか、どうするかを検討し、訪問すべき担い手を明確化します。
STEP2 明確化した担い手に訪問し、担い手の声(意見・要望)を聴き取ります。聴き取った内容は、「マーケティング情報」としてTACシステムへ記録します。
STEP3 得られた貴重な「マーケティング情報」をTAC個人で留めることなく、JA内部・連合会も含めて報告し、共有化します。
STEP4 聴き取った担い手の声・要望に対し、JAグループとしてどういう施策を提案できるか、役員・関連部署が集まって検討します。こういった検討する会議を「TACミーティング」と呼んでいます。
STEP5 作成した施策を担い手にフィードバック(提案)します。JA内部で事前に予行演習(ロールプレイング)の提案が成功に至る確率を上げることが期待できます。
STEP6 提案したJAグループの事業を通じて、担い手の課題を解決、経営改善等に寄与します。
<JAグループにおける担い手対応の目的と手順>

総合力の発揮

 担い手の要望に対しては、JAの事業部門や連合会等と連携して、JAグループの総合力を発揮した対応を実施します。これにより、担い手の満足度の向上を達成します。