あおもりの特産品

青森のごぼう

特徴

青森ごぼうは秋から冬にかけて多く出荷され、生産量は2018(平成30年)産全国第1位です。近年、ながいもの輪作作物として、作付面積が増加しています。ごぼうは、食物繊維が豊富に含まれています。

旬のカレンダー

美味しい見分け方

  • 泥付きの方が洗いごぼうより、鮮度も風味も保つ。
  • しっかりとした弾力性があり、持ったとき重さを感じるもの。
  • なるべく太さが均一でまっすぐなもの。

保存方法

泥付きごぼうの保存

  • 軽く湿らせた新聞紙にくるみ、冷暗所において保存しましょう。
  • ビニール袋に入れたまま温かい場所に置くと、蒸れて傷む原因になります。

洗った状態のごぼうの保存

  • 乾燥を防ぐため、濡れた新聞紙で包み、さらにラップで包んで野菜室で保存しましょう。
  • 切った後すぐに調理しない場合は、ひたひたの水に浸しておくようにしましょう。

栽培カレンダー

生育状況 管理作業
4 畑の準備
・畑の準備
種をまく前に畑の準備をします。ごぼうは、地中深く育っていきますので、伸びていく場所の土を柔らかくしておくことが大切です。トレンチャーという機械で、幅15センチメートル、深さ1メートルくらいまで耕します。

・は種
1か所に3~4粒ほどまいて、土を1~2cm位かぶせます。10a当たり18,000~24,000株としています。 芽が出るのを揃えるために、種まきの前に1昼夜水に浸します。
シードによる植え付け

・基肥
基肥は、半分の量を全体に、残りの半分の量は植溝にまいてトレンチャー耕を行う。 また、基肥はは種10日前に行う。
5 は種期
・間引き
種まきから8日程で芽が出てきます。第1回目(種をまいてから20日目頃)に2本残し、第2回目は(種をまいてから50日目頃)に1本にします。

・追肥(ついひ)・中耕
7月上旬頃と7月下旬頃に、肥料をやり、畦を軽く耕します。軽く耕すことを、「中耕」(ちゅうこう)といいます。
6 発芽期
茎葉発育期
7
肥大始期
肥大最盛期
8
9
収穫期
・収穫
収穫する時は葉柄を5cmくらい残して葉を刈り取り、トレンチャーやルートデガーという機械で掘り取ります。 掘ったごぼうは、乾かないように袋や20㎏入れのコンテナに入れます。 最近は、500kg入れの大きなコンテナが多く使われています。

その他の品目