食の安全・安心のための取り組み

トマト

トマトは果実の色の分類をすると、甘味に富みトマト臭さが少なく生食用に利用される桃色トマトと、酸味が強くジュースや加熱調理用に使われる赤色トマト、黄色トマトの3つに大別され、日本の生食用トマトは桃色トマトです。また、果実の大きさでは大玉トマトとミニトマトの2つに分けられますが、最近はその中間の大きさの中玉トマト(ミディトマト)も栽培されています。桃色トマトは、桃太郎とファーストトマトが主流です。

・トマトの95%は水分、残りの5%にはビタミンA、C、E、ミネラル、食物繊維などがぎっしり詰まっています。栄養バランスの良い低アルカリ食品です。
・最も注目したい成分は、あの赤の色素であるリコピンです。(カロテンの一つ)抗酸化作用があるためガン予防に有効です。低カロリーなのでしかも栄養素として優れているのでダイエット中の栄養補給源として摂って欲しい野菜です。
・高血圧予防になるカリウム、ビタミンB、毛細血管を強くするケルセチン、血液さらさらピラジンという香り成分などが含まれます。

※サラダ・炒め物・スープ・シチュー・ジュースなど広範囲に利用できます。