にしの風2020年5月号
9/12

「母への感謝」急な破水で 出産予定日より早く生まれた私はうぶ声を上げずにたん生したらしい母はその時 たん生の喜びよりも「早く呼吸を始めて泣かないと死んじゃう」と私が泣くのを必死に願ったらしいその後も私は急な高熱を出し総合病院の小児科に緊急入院した病気は髄膜炎だった「病弱な体に産んでしまい ごめんなさい」と母はずっと心に思いながら看病したらしいみんなが歩けるころ 私はまだ歩けなかった「髄膜炎の後遺症で一生歩けないかも…… 代われるものなら代わってあげたい」と母は 一生私をおんぶして世話をする決意をしたらしいそして今 母の心配がうそだったかのように私は 毎日元気に学校にも歩いて行けている「生まれてきてありがとう」と母は度々私に言うが 私は「産んで育ててくれてありがとう」と母への感謝の気持ちでいっぱいになる受 賞受 賞NCC賞長崎市立橘小学校6年草加陽菜乃さん4人兄妹の長女として、いつも兄・弟・妹と仲良く遊んでくれてありがとう。これからも、家族みんなでたくさんの思い出を作って、楽しい時間を重ねていこうネ♪6人家族で毎日にぎやかで、とても楽しいです。いつもいつもありがとう。これからもよろしくね。ご家族から子供さんへ一言メッセージ子供さんからご家族へ一言メッセージ【選  評】 衝撃的な誕生と幼少期を経て、今は「うそだったかのように」元気に学校に通えるようになった陽菜乃さん。お母さんからの切実な思いを受けて育った彼女は、感謝の気持ちでいっぱいです。 淡々とつづられていますが、本人だってがんばって命をつないでお母さんの精一杯の愛情に応えたからこそ、この今があるのです。〈ありがとう〉を漢字で書くと〈有難う〉なのを改めて思い出させてくれる作品でした。9にしの風

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る