耕種総合対策

耕種総合対策について

耕種総合対策は、「生産から販売まで一貫した事業のコーディネーター」です。消費者実需者ニーズにもとづいて、産地に対して「新品種・新技術およびトータル生産コスト低減に向けた実証・普及」をJAと一体となって行うとともに、TACの活動によって「生産と販売のマッチングを促進する」取り組みを行っています。

トータル生産コストの低減の取り組み

農家手取り最大化の実現

※対策事例C:省力資材導入によって物材費が増えても、単位面積あたりの労働費が減少することにより、
 規模拡大が可能となり、結果的に販売額が増加し、手取りが拡大する事例。

営農に対する取り組み

営農情報の提供や新技術の研究・開発と成果の提案・普及、品種の育成・選定、JAグループ職員の技術力向上のための人づくり(講習会・研修会)に取り組んでいます。
TACの活動では、担い手農家の所得向上、JAの事業拡大をめざし、生産と販売のマッチング拡大・強化に取り組んでいます。また、TACのレベルアップや活動の定着に向けた人材育成にも力を入れています。

営農情報の提供

アピネス/アグリインフォは、生産者の営農やJAの営農指導をバックアップする会員制サービスです。最新の農薬登録情報・残留農薬基準値や営農技術・生産資材などの各種情報に加え、1kmメッシュ気象情報を提供しています。
グリーンレポートは本会が発行する月刊誌で、営農・技術情報、生産現場の取組み、青果物の販売情報などを掲載しています。

アピネス/アグリインフォのトップページ

詳しくはこちらをご覧ください。
 > アピネス/アグリインフォ

各種営農技術の普及

生産者が求める「生産性向上」「省力・低コスト化」など、手取り向上のための各種営農技術の普及をおこなっています。

点滴灌水システム
(全農式点滴灌水キット)
での合理的な灌水による
根深ネギの収量増・高品質化
全農式点滴灌水キット[PDF]

鉄コーティング種子での
水稲直播栽培による
春作業の省力・低コスト化
鉄コーティング水稲直播[PDF]

「FOEAS」(フォアス)での
作物栽培に最適な地下水位の
維持による収量増・高品質化と
生産力の高い輪作体系導入
FOEAS[PDF]

新品種・新商品の研究・開発

全農トマトランドでは、国内外の種苗メーカーと連携してトマト約30品種を栽培し、実需者や消費者のニーズの視点から優良品種を選定しています。
優良品種については、本会園芸部やJA全農青果センター(株)と連携して取引先に商品提案を行い、産地での生産拡大をすすめています。

全農トマトランド

優良品種の試験栽培

安全な農産物づくり

生産者に対しては、より一層安全な農産物づくりのために、そして消費者には、国産農産物への信頼をさらに高めていただくために、残留農薬などの分析に取り組んでいます。

溶媒蒸留装置を用いた分析操作

検査実績の推移

人づくり

営農・技術センターにおいて、JAグループの職員を対象に、営農、肥料、農薬、資材、農機、施設、生活、燃料などに関する技術講習会を開催し、JAグループの「人づくり」をおこなっています。
また、平成27年度からは、産地づくりのための人材育成プランにもとづくTV会議システムを活用した野菜栽培概論講習会など4つの栽培技術講習会を新設し、営農指導員・TACなどJAの産地づくりを実践している担当者を支援しています。

営農・技術センター(神奈川県平塚市) 
農業機械基礎講習会におけるトラクター実習

野菜栽培概論講習会における受講風景

講習会受講者数の推移 注:平成27年度から新設した栽培技術講習会は        
平成29年度まで毎年1,000名以上が受講しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
 > 全農営農・技術センター

TAC(タック)

Tとことん、A会って、Cコミュニケーション!!

TAC(地域農業の担い手に出向くJA担当者)
地域農業の担い手に出向くJA担当者の統一愛称がTAC(タック)です。1,800名を超えるTACが担い手を日々訪問して聴き取った意見・要望をもとに、担い手の課題解決や経営の改善を総合的にサポートしています。JA全農では先進実践事例の紹介や研修会などを通じてTACの普及・定着を推進しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
 > TAC