ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2014年07月22日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

「ひろがれ"弁当の日"全農親子料理教室」の開催について

 JA全農は、「弁当の日」※の取り組みに賛同し、「ひろがれ“弁当の日”全農親子料理教室」を開催します。
 全農グループ各社から新鮮な国産農畜産物を提供し、子どもたちがお弁当作りにチャレンジします。
 自らお弁当を作ることは、子どもたちに食材への関心を高めさせます。そして、一緒に食卓を囲む大切さを知り、その食材を作る人、運ぶ人への感謝の心が芽生えます。JA全農は子どもたちの料理を作るという体験を通じた成長を応援します。

1.日時  : 第1回目 平成26年 7月29日(火曜日) 10時30分~13時30分
        第2回目 平成26年 8月 5日(火曜日) 10時30分~13時30分
        第3回目 平成26年 8月12日(火曜日) 10時30分~13時30分
        第4回目 平成26年12月 6日(土曜日) 10時30分~13時30分

2.場所  :(1)住所:〒162-0826 新宿区市谷船河原町11番地
              飯田橋レインボービル 2F 2C会議
        (2)最寄り駅:
          [JR線]飯田橋駅 (西口)徒歩5分
          [地下鉄]東京メトロ 飯田橋駅(神楽坂B3出口)より徒歩5分
3.参加者 :小学生とその保護者約30人(毎回抽選)
4.メニュー :国産農畜産物を使用した料理(野菜、肉、卵、米、乳製品等)
5.協力   :全農パールライス東日本(株)、JA全農青果センター(株)、
        全農チキンフーズ(株)、JA全農たまご(株)、全農チキンフーズ(株)、
        雪印メグミルク(株)

※弁当の日とは・・・
香川県の元中学校校長先生、竹下和男さんが始めた「弁当の日」。子どもが自分たちで食べる弁当の献立作り、買い出し、調理、弁当箱詰め、片付けのすべてを一人で行うという食育の取り組み。親が手伝わないことで、一人前になりたいという、子どもが本来持っている「生きる力」を育てようというもので実践校は全国約1400校まで広がっている。

昨年の「ひろがれ“弁当の日”全農親子料理教室」の様子

以上

一覧に戻る

ページ上部へ