ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2014年09月05日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

第32回全農酪農経営体験発表会の開催について

 JA全農は9月12日、「第32回全農酪農経営体験発表会」をコクヨホール(港区港南)で開催いたします。

 この「全農酪農経営体験発表会」は、優れた酪農経営者が自身の酪農経営の内容並びに経営技術などを広く関係者に発表し、全国の酪農家の経営安定と発展などに寄与することを目的としたもので、今年で第32回を迎える歴史ある大会です。当日、発表者の中から最優秀賞が決定します。

■開催概要

名称 : 第32回全農酪農経営体験発表会

開催日: 平成26年9月12日(金曜日)

会場 : コクヨホール(東京都港区港南1-8-35/品川駅港南口徒歩3分)
主催 : 全国農業協同組合連合会
後援 : 農林水産省、(独)農畜産業振興機構、他

■開催内容

1.第一部:酪農経営体験発表会
 全国のJAや県連から審査推薦を受けた北海道・秋田県・栃木県・千葉県・島根県・沖縄県の酪農経営者6名から発表していただきます。

2.第二部:特別講演「福島復興に向けた乳酸菌ヨーグルト開発の取り組み」
 福島復興の特別講演として「福島復興に向けた乳酸菌ヨーグルト開発の取り組み」について、東京大学薬学部・関水和久教授よりご講演をいただいきます。

3.第三部:第8回全農学生「酪農の夢」コンクール 表彰式
 酪農の将来を担う学生を対象とした「第8回全農学生『酪農の夢』コンクール」の最優秀作品の発表および表彰式を行います。本コンクールは、この発表会を単に酪農家と酪農関係者だけのものにとどめず、酪農の「今」を支える酪農家の皆さんと、酪農の「未来」を築く学生をつなぐ新たな機会となるよう企画し、今年で8回目を迎えます。
今年は、最優秀賞・優秀賞の受賞4作品について、執筆した学生と指導にあたった教官をお招きし、学生が抱くそれぞれの夢を後押しする企画をご用意しています。

■タイムスケジュール

◆第一部:酪農経営体験発表会
10時30分~ 開会
11時05分~ 体験発表会[午前の部] 2名

・田中 洋希(北海道)  新しい力と共に歩む“絡農”経営
・高宮城 実一郎(沖縄県) 沖縄の気候に合った酪農を目指して~家族とともに歩む~

12時~     昼食(多目的ホール)
12時45分~ 体験発表会[午後の部] 4名

・柴田 瑞穂(秋田県)   引き継がれていくことを願って
・河又 潤 (栃木県)    地域と共に歩む経営
・知久 久利子(千葉県)  バランスを大事にする牛飼いを目指して
・農事組合法人日登牧場
 定本 秀敏(島根県)   里山放牧を活用した低コスト酪農を目指して

第二部:特別講演「福島復興に向けた乳酸菌ヨーグルト開発の取り組み」
14時40分~ 東京大学薬学部・関水和久教授 によるご講演 

◆第三部:第8回全農学生「酪農の夢」コンクール 表彰式
15時20分~ 実施概要、最優秀作品発表(受賞者による朗読)
15時30分~ 審査講評、表彰式
          受賞者  最優秀賞 後藤田 茜  (北海道中標津農業高等学校食品ビジネス科3年)
          (敬称略) 優秀賞  碇谷 のぞみ (日本獣医生命科学大学応用生命科学部 動物科学科3年)
                        安部 竜司 (大分県立農業大学校 総合畜産科2年)
                        安達 萌花  (岡山県立高松農業高等学校 畜産科学科3年)
15時45分~ 座談会(最優秀賞、優秀賞受賞学生および教官、審査委員)
16時30分~ 休憩

第四部:酪農経営体験発表 審査講評・表彰式・懇親会
16時45分~ 審査講評/表彰式
18時~     懇親会(多目的ホール)
19時       閉会

一覧に戻る

ページ上部へ