ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2016年03月18日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

平成28年4~6月期の配合飼料供給価格について

平成28年4~6月期の配合飼料供給価格については、飼料情勢・外国為替情勢等を踏まえ、平成28年1~3月期に対し、全国全畜種総平均トンあたり約3,700円値下げすることに決定しました。

なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

飼料情勢は以下のとおりです。

1.飼料穀物

とうもろこしのシカゴ定期は、12月には380セント/ブッシェル前後で推移していたが、南米産の豊作見通しと現地通貨安により輸出競争力が高まり、米国産の輸出が低調となったことから弱含みな展開が続き、現在は360セント/ブッシェル前後で推移している。
今後は、新穀の作付動向に注目が集まることから、作付面積や作付け時の天候に左右される相場展開が見込まれる。

2.大豆粕

大豆粕のシカゴ定期は、12月には310ドル/トン前後で推移していたが、南米産大豆の豊作見通しから弱含みの展開が続き、現在は290ドル/トン台で推移している。
国内大豆粕価格は、シカゴ定期の下落により値下がりが見込まれる。

3.海上運賃

米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、11月には30ドル/トン前後で推移していたが、中国むけ石炭の輸送需要が低調になったこと、燃料価格が下落したことなどから軟調な展開となり、現在は25ドル/トン前後で推移している。
今後は、南米産穀物の輸送需要増加が見込まれているものの、船腹需給の緩和は継続すると見込まれていることなどから、海上運賃は現行水準で推移するものと見込まれる。

4.外国為替

外国為替は、12月には120円を超える水準で推移していたが、1月に入り、中国経済の減速や原油価格の下落による産油国の財政悪化など世界経済の不透明感に対するリスク回避の動きから117円台まで円高がすすんだ。その後、1月29日に日銀がマイナス金利の導入を決定すると反転し、一時121円台まで円安となったものの、米国経済の減速懸念により利上げが先送りされる見通しとなったこと、世界的な株安などから急速に円高がすすみ、現在は113円前後となっている。
今後は、世界の株式市場の動向や各国の金融政策などを材料に、一進一退の相場展開が見込まれる。

以上から、とうもろこし・大豆粕価格などの値下がり、外国為替の円高により、平成28年4~6月期の配合飼料価格は前期に比べ値下げとなる。

一覧に戻る

ページ上部へ