ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2018年11月07日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

「TACパワーアップ大会2018」の開催について

JA全農は11月15日、16日に全国のTAC(※)活動の成果を共有する全国大会「TACパワーアップ大会2018」を新横浜プリンスホテル(神奈川県横浜市)で開催します。
現在、全国266JAで1,788名のTACが約8万戸の担い手に日々訪問し、年間約65万回の意見や要望の聴き取りを行っています。5年後、10年後と地域農業を担っていく大規模農家や農業法人、新規就農者など「地域農業の担い手」の声を収集し、農業所得向上に向けた提案によって担い手の経営課題の解決を図っています。

第11回目となる今大会は以下の3点をテーマとして開催します。
(1)担い手の声を反映した地域生産振興の実践
(2)労働力支援や事業承継支援等の地域全体の課題解決
(3)TAC活動の強化によるJAグループの総合力の発揮

これらのテーマのもとで優秀な活動をしているJA及びTACの表彰や事例発表を行うとともに、農業者3団体(日本農業法人協会、全国農協青年組織協議会、全国農業青年クラブ連絡協議会)の協力を得て、担い手の経営課題に応えるための実践的な分科会を実施します。


(※)TAC(Team for Agricultural Coordination):JAと県域連合会、JA全農が組織する地域農業をコーディネートするメンバーとその活動のこと。JAグループでは、TAC活動を通じて担い手の意見や要望を事業に反映させて地域農業の発展に寄与している。キャッチコピーは「Tとことん A会って Cコミュニケーション!!」。

大会概要

日 時:平成30年11月15日(木曜日)13:00~20:30
         11月16日(金曜日) 8:30~14:30(予定)
場 所:新横浜プリンスホテル 5階シンフォニア 神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
参加者:JA担当者(TAC)、連合会関係職員他 約600名

一覧に戻る

ページ上部へ