ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2019年08月09日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

卓球ワールドツアー・ブルガリアオープンで日本産米を使った冷凍寿司をPR! ~ITTF2019卓球ブルガリアオープンで日本代表選手の食サポート~

大会プログラムに掲載する広告

 JA全農は、8月13日~18日にブルガリア・パナギュリシテで開催される「ITTF2019卓球ブルガリアオープン」で、日本代表選手に全農ブランドのパックごはんや味噌汁などを提供し、現地での選手の活躍を「ニッポンの食」でサポートします。あわせて、大会会場に全農ブースを展開し、日本産米を使用した「冷凍寿司」を販売し、来場者にPRします。
 JA全農は「ITTF2019卓球ブルガリアオープン」に協賛します。大会には、本会所属の石川佳純選手(世界ランク6位)をはじめ、日本トップクラスの卓球選手が出場します。全農ブランドのパックごはんやフリーズドライの味噌汁・スープ、国産の果物を使用したドライフルーツ、梅干しなどを日本代表選手に提供し、大会中の食事をサポートします。
 

 

会場で販売する冷凍寿司

 会場内の全農ブースでは、本会グループ会社である全国農協食品㈱や、ブルガリアで冷凍寿司を製造販売する現地法人JAPE(JAPAN AGRI PRODUCTS EUROPE JSC※1)と連携し、日本産米を使用した冷凍寿司を販売します。本会の広告が掲載された大会プログラムを持参すると冷凍寿司の試食ができる企画を実施し、現地で日本食のPR、日本産米の輸出拡大につなげます。
※1 JAPAN AGRI PRODUCTS EUROPE JSC(日本語名称:全国農協食品ヨーロッパ株式会社)
全国農協食品株式会社とZUNICA LTD(本社:ブルガリア、代表:Todor Stamenov)、株式会社ポーラスター(本社:石川県、代表:石野祐次)が平成29年12月に設立した合弁会社。日本産米を使用した冷凍米飯(冷凍寿司など)を製造・販売する。

   

一覧に戻る

ページ上部へ