ページ内を移動するためのリンクです

リリース

2019年11月29日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

みのりみのるマルシェ 福岡県「筑前あさくらの実り」in銀座三越の開催について

JA全農「みのりみのるプロジェクト」は、12月7日に銀座三越において、「みのりみのるマルシェ 福岡県『筑前あさくらの実り』」を開催します。
JA筑前あさくらの管内である朝倉市・筑前町・東峰村は、豊かな自然に恵まれ、フルーツの里として農業や果樹栽培が盛んです。

当日は、太陽の光をたっぷりと浴びて育てられる甘柿「富有柿」や"赤い・丸い・大きい・うまい"が特徴の福岡を代表するいちご「あまおう」、"生で良し・煮て良し・薬味に良し"どんな料理にも合う万能野菜「博多万能ねぎ」など、産地を代表する農産物を販売します。また、隣接するみのりカフェ・みのる食堂では、マルシェで販売する品目を使用した限定メニューを提供します。

マルシェ概要

1.開催日時:令和元年12月7日(土曜日) 10:00~18:00
2.開催場所:銀座三越9階銀座テラス(東京都中央区銀座4-6-16)
3.販売品目:甘柿「富有柿」、いちご「あまおう」、梨「愛宕」、博多万能ねぎ、あまおうジャム他 
  注)取扱品目は変更になる可能性があります。

みのりみのるマルシェとは、月刊フリーペーパー「AGRIFUTURE※1」で紹介した地域の旬の食材、生産者の想い、受け継がれた文化などを、TAC※2や生産者が消費者に直接紹介する催しです。

※1 AGRIFUTURE:地域の農畜産物や地域の魅力、生産者の生の声を紹介。今回マルシェに参加するJAを特集したAGRIFUTUREは、下記のホームページで閲覧できます。
※2 TAC(Team for Agricultural Coordination):全国各地のJAとJA全農が組織する農業コーディネートチーム。約1800名のTACが10万人以上の農業経営者を日々訪問し、農業経営に関するあらゆる相談に応えています。

一覧に戻る

ページ上部へ