園芸

れんこん

 徳島のれんこんは、肌の白さと独特の香りが特徴です。生産者が一本ずつ手堀で丁寧に収穫しており、露地栽培やトンネル栽培、ハウス栽培を組み合わせて一年を通して出荷されています。
 徳島県のれんこんの生産量は、茨城県に次ぐ全国2位を誇ります。

出荷時期カレンダー

出荷最盛期
出荷時期

主な産地

 徳島のれんこんの主な産地は、JA大津松茂、JA徳島北、JA板野郡、JA徳島市などです。

JA徳島市 JA板野郡 JA大津松茂 JA徳島北 JA徳島市 JA板野郡 JA大津松茂 JA徳島北
  • JA徳島市
  • JA板野郡
  • JA大津松茂
  • JA徳島北
  • JA徳島市
  • JA板野郡
  • JA大津松茂
  • JA徳島北

選び方

 ふっくらしていて丸みがあり、色は自然な淡黄色でみずみずしいものを選びましょう。
 また、切り口が茶色に変色しているものは避けるように注意しましょう。

保存方法

 ラップに包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。
 または、湿らせた新聞紙に包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存します。

調理方法

 れんこんの料理といえば、天ぷらや煮物、炒め物、サラダなどが定番です。
 れんこんの皮を剥く場合は、縦方向にピーラーで剥くと簡単です。切った後は、すぐアク(灰汁)抜きをします。シャキシャキ感を出したい場合は酢水につけて、調理の加熱時間は短めにします。ホクホク感を出したい場合は、水につけて、火をしっかり通します。なお、鉄鍋で煮ると色が黒くなるので注意が必要です。

レシピ動画

 2020年11月8日、YouTubeでも大人気の料理研究家リュウジさんに、徳島県産のれんこん・生しいたけ・すだちを使用したレシピを作成していただきました。
 おかずにもおつまみにもピッタリな「焼きカルパッチョ すだちソース」、ぜひご視聴ください。

トピックス

PR活動・ブランド強化の取り組み

 生産量全国2位の徳島県産れんこんを維持・発展させていくため、徳島県蓮根消費拡大協議会(事務局:JA全農とくしま)を中心に、県内JA、各市場、徳島県と協力して、消費宣伝や食育活動に力を入れています。

 また、徳島県のれんこんを広くPRするため、同協議会は、11月8日を「徳島県れんこんの日」に制定しました。11月は出荷量が増えて品質もしっかりしている時期であることと、「1・1・8=いいはす=良い蓮」の語呂合わせからこの日が選ばれ、平成24年(2012年)8月に一般社団法人日本記念日協会により記念日に登録されました。

豆知識

れんこんの歴史

 蓮根(れんこん)の原産地は、中国またはインドといわれています。花びらの落ちた後の実の部分が蜂(ハチ)の巣に似ていることから「ハチス」と呼び、それが略されて「ハス」となったそうです。日本では、江戸時代から観賞用と食用を兼ねて栽培され、食用として本格的に栽培されたのは明治以降のことです。徳島県では明治40年代に栽培が始まり、その後、昭和30年代になって普及しました。
 世界では、中国などで多く生産されており、日本の輸入先も中国が大勢を占めています。