発表者インタビュー

佐々木剛さん (静岡県)

第37回 最優秀賞 佐々木剛さん (静岡県)動画を見る

開拓から始まった酪農

富士丸西牧場がある西富士地域について
富士山麓で都心からも近く、ロケーションとしては最高の場所。一戸あたり多くの面積を所有し、涼しい高原の気候も酪農業には良いところ。

開拓の歴史
昭和23年に130人ほどが入植、現在は(そのうち)44人ほどが酪農を続けている。

富士丸西牧場の成り立ち
満州から引き揚げてきた祖母と親戚が、昭和27年にこの地に入植。はずれに入植できたぶん飛び地もなく、放牧に向いていた。広い土地で放牧が主体の酪農を続け現在に至っている。

富士丸西牧場について

牧場の規模
経産牛110頭、未経産70頭、年間1,100トンの出荷。従業員は外国人技能実習生を含めて4人。

フリーストール牛舎の特徴
牛の動き 機械の動き 全部をスムーズにするためには どのようにすれば良いかという考えで、このような施設になっている。

牛に目を配るパーラー作業
必ず(私が)搾乳に入るようにしている。牛を真横から見るので、反芻しているか、毛艶、目つき、乳量はどうか、足の感じもわかる。排便もするのでちょっと糞がゆるいとか、そこまでチェックできるのがこのパーラーの特徴。

従業員とのコミュニケーション
ただ搾乳するだけでなく、(牛の状態や対応について)従業員と話をしながらの情報交換が、非常重要な時間だと思っている。

牛も人も元気に

自家育成へのこだわり
赤ちゃんから育てるので、子育てと一緒で愛情もわき、主人は娘たちって呼んでいる。(妻・千尋さん)

働きやすい環境づくり
働きやすい場所じゃなければ、(従業員が)楽しく仕事をしてもらえないと思っている。働く人が楽しく元気でないと、牛も元気には過ごせないと考えている。

放牧へのこだわり
牛はやはり土の上にいる生き物。喜んで外に行く。すぐ帰ってきたりもするので、その辺のコントロールをするのが、都府県型放牧と思っている。

地域とのつながり

富士の国乳業について
富士宮の子供達に富士宮産の牛乳を、という思いで仲間たちと始めたのがきっかけ。これからは、こだわりの牛乳から作ったヨーグルトで勝負。

全農酪農経営体験発表会に参加して

最優秀賞を受賞した実感
皆さんの発表を聞いて、その地域その地域で、様々な取り組みをされていて、非常に勉強になった。(自分が最優秀賞を受賞して)びっくりして少し泣いてしまった。認めていただいて、自分も従業員も励みになっている。