土づくりのトピックス

2015年は国連が定める国際土壌年です。あわせて、12月5日を世界土壌デーとすることも採択されています。JAグループでも1972年に10月第一土曜日を「土の日」と設定し、「土」に対する認識を高める活動を行っています。

また土づくり肥料推進協議会では各地で土づくり研究会を開催し、土づくりの技術的な検討や土づくり肥料の効果的な使い方など紹介して、普及に努めています。

平成25年度 関東・東北支部「土づくり研究会」(平成25年11月19日 仙台開催)の内容の一部を紹介します。

各講演の概要についてはPDFファイルで確認できます。

テーマ -土壌ケイ酸肥沃度の現状とケイ酸施用の必要性-

土づくり研究会講演要旨
日本農業の生命線、水田農業の危機
  ~ 今、水田土壌や水稲生育で何が起こっているか ~
(PDF:228KB)
山形大学農学部
 教授 藤井 弘志
有機水稲における圃場のケイ酸肥沃度が病害虫防除に及ぼす効果
(PDF:240KB)
東北農業研究センター
 主任研究員 関矢 博幸
ケイ酸質資材施用の要否を判定するケイ酸供給力評価マップ
(PDF:232KB)
熊本県農業研究センター
 研究参事 松森 信
ケイ酸の病害虫防除効果とその防御機構(PDF:180KB) 山形県庄内総合支庁産業経済部農業技術普及課
 課長補佐 早坂 剛