JA全農WCBF少年野球教室

「JA全農WCBF少年野球教室」は、日米のホームランキングである王貞治氏とハンク・アーロン氏によって設立された一般財団法人世界少年野球推進財団(WCBF)とJA全農グループが主体となり、「野球の楽しさ」や「食の大切さ」を多くの子どもたちに伝えるために1993年からスタートしました。

本教室は毎年全国各地で開催されます。元プロ野球選手が講師となり子どもたちに「投げる」・「打つ」・「捕る」・「走る」の基本を指導し、チームの指導者には「少年野球の傷害予防」をテーマにトレーナーによる指導者講習会も実施しています。また、保護者を対象に管理栄養士など専門家による栄養学教室も実施し、国産農畜産物を使用した栄養価の高い、バランスの良いメニューの紹介を中心に、成長期の子どもにとって重要な栄養摂取などをアドバイスしています。
JA全農は、これからも本教室を通じて健康で元気な笑顔のある野球少年を育て、子どもたちの夢や成長を応援していきます。

年度別報告レポート

Information

お問い合わせは

〒101-0047
東京都千代田区内神田1-4-5 レイアード大手町ビル5F(株)アドサービス内
JA全農WCBF少年野球教室事務局
Tel.03-3219-1651 Fax.03-3219-1658
JAグループは応援します。子ども達の夢・未来・笑顔・健康・元気