計量さじで生土5mlを秤量する
  抽出ろ過器を1分間転倒混合(60〜70回)して抽出する
  No.5Cのろ紙,ガラス繊維ろ紙をセットしてろ過する
  ろ過に時間がかかる場合には加圧器を使って加圧ろ過する
  セルに発色試薬Aを試薬さじ(小)を使ってすりきり1杯入れる
  抽出ろ液を充分混合の後、1ml採取してセルに入れる
  セルに樹脂栓をして、10秒間勢いよく上下手振とうする
3分間静置する
純水(ブランク)
比色計で測定する


分析操作の例(生土の硝酸態窒素)
             操作                         
以下に生土の硝酸態窒素(NO3-N)の分析操作の流れを示します。
  マイクロピペットでろ液2mlを抽出容器に測り取る
  抽出試薬20mlを抽出容器に入れる
  純水を抽出容器の標線10mlまで加え、希釈・混合する
  5分間静置する
  発色試薬Bをセルにチューブ1本分入れる
  樹脂栓をして10回転倒混合する