ZAパーソナルの活用方法
 営農指導員やTACが農家を巡回しながら,各種分析をおこなうことができます。
   >>庭先分析の例(PDF)

 分析結果にもとづいて土壌,作物等の診断活動をおこない,適切な土づくりや資材選択に向けた
   相談活動ができます。

 農家の方が自ら土壌分析をおこなうこともできます。

 作物体葉柄汁液の硝酸態窒素(NO3)の分析によって,作物の窒素栄養診断ができます。


 
継続的な水耕培養液の分析によって,養液の管理ができます。

 堆肥の成分が分析できるので,適正な活用を図ることができます。
   
  注) ZAパーソナルで使用する試薬には 「毒物及び劇物取締法」,「労働安全衛生法」,「化学物質の審査及び製造等の
     規制に関する法律」,「消防法」等に該当するものがあります。