カーリング女子日本代表オフィシャルスポンサー 大会レポート

写真【提供風景】女子日本代表へのおむすびの提供

カーリング ソチオリンピック世界最終予選

大会概要

大会日程:2013年12月10日~15日

会場:フュッセン(ドイツ)

参加チーム:

男子 女子
ドイツ、チェコ、アメリカ、フィンランド、ニュージーランド、
フランス、韓国、日本
中国、日本、ノルウェー、ドイツ、チェコ、ラトビア、イタリア

ポイント:ソチオリンピック(2014年2月)は参加10カ国で、すでに開催国ロシアを含めて8カ国(ロシア、スウェーデン、スイス、イギリス、カナダ、アメリカ、デンマーク、韓国)が決定。残り2枠の出場権をかけて、男子は8カ国で、女子は7カ国(中国、イタリア、ノルウェー、チェコ、ラトビア、日本、ドイツ)で世界最終予選を戦う。

大会結果

順位 男子 女子
1位 ドイツ・チェコ 中国
2位 日本
3位 アメリカ ノルウェー

おむすび提供

全農はソチ五輪世界最終予選(ドイツ)に出場したカーリング女子日本代表に「現地でニッポンのお米で握ったおむすびでパワーをつけて試合に臨んでほしい」という願いを込めて、新潟県佐渡産コシヒカリで握ったおむすびを3日間で450個届けました。

握ってもらったのはドイツ・ミュンヘンの日本食レストラン「喜丁」のオーナーシェフ渡辺昌彦氏。渡邉氏は「自ら選手達にフュッセンで手渡したい」と片道100キロ、車で2時間かかる会場のフュッセンまで届けてくれました。

カーリング女子日本代表オフィシャルスポンサー