グリーンレポート

グリーンレポート表紙用写真募集

グリーンレポートは全農が発行する月刊誌で、営農・技術情報、生産現場の取組み、青果物の販売などを掲載しています。
一般の方も有料でご購読いただけます。お申込みはこちらです。

584

2018.2

目次

巻頭連載 生産現場での活用が期待される農研機構の実用技術 第11回
北陸地域の水田輪作における地下水位制御システムの実証試験
視点 農家手取り最大化に向けたJAグループの取り組み:JA全農ふくれん
水稲高密度播種による低コスト栽培の取り組み
GI制度 GI登録がえん・・で結ばれた
3JAによる「加賀丸いも」産地振興の取り組み
栽培技術セミナー 排水性を簡単に改良できる
小型トラクタ用穿孔暗渠機「カットドレーン mini」
栽培技術セミナー 関東地域の大豆有機栽培に適する品種と播種時期 10
施肥技術セミナー 富山県におけるカリ不足土壌の現状と課題 12
防除技術セミナー スクミリンゴガイの発生状況と防除対策 14
こちら営農・技術センター 「JAグループ残留農薬分析研究会」開催 16
インフォメーション 江戸時代から現代につながる人間の営みと肥料の深い関係 18
現地レポート JAとまこまい広域(北海道)発
ドローン×豆つぶ剤、
省力技術の組み合わせで大区画水田の薬剤散布作業を省力化
20
現地レポート JAあぶらんど・JA山口中央(山口県)発
隣接する2つのJAによるトマト選果施設の共同利用
21
インフォメーション 水田フル活用による経営改善の取り組み 22
がんばる担い手 秋田県大仙市 農事組合法人 たねっこ 工藤 修さん
“地域まるごと参加型農業法人”の新たな挑戦
23
農家のためのインターネット活用術(5) 研究・開発の成果情報を集める 24

583

2018.1

目次

巻頭連載 生産現場での活用が期待される農研機構の実用技術 第10回
低濃度エタノールを用いた土壌還元消毒技術
視点 農家手取り最大化に向けたJAグループの取り組み:JA全農おかやま
瀬戸内海の「里海」で育った牡蠣の殻を有効活用する
「瀬戸内かきがらアグリ」を展開
次世代農業技術 アメリカの生産者に拡がる農業ICTの利用
GI制度 圃場で完熟させてから収穫する「江戸崎かぼちゃ」
品質統一に向けたJA部会の活動とGI登録
栽培技術セミナー 非熟練者でも容易に直線作業が可能な後付け型の自動操舵装置 10
栽培技術セミナー 青切り用調製機と組み合わせて使用する
高能率たまねぎ収穫機および収納容器
12
施肥技術セミナー 肥効調節型肥料を利用した
オクラ春植え栽培の省力施肥
14
防除技術セミナー ナシ黒星病の落葉処理による被害軽減効果 16
米だより 全農が進める米の業務用向け契約栽培の取り組み 18
インフォメーション パートナーJAとともに買い手本意の拡販を推進 20
インフォメーション 「現場で役立つ実践型土壌診断講習会」開催 21
インフォメーション 蛍光X線分析装置を用いて
フレキシブルコンテナの原反引張強さを確認
22
がんばる担い手 石川県かほく市 竹田尋平さん
看護師時代の“能力”をぶどうづくりに活かす
23
農家のためのインターネット活用術(4) 施肥に必要な情報を集める 24

582

2017.12

目次

巻頭連載 生産現場での活用が期待される農研機構の実用技術 第9回
ストロビルリン系殺菌剤耐性イネいもち病菌の対策マニュアル
視点 農家手取り最大化に向けたJAグループの取り組み:JA全農みやぎ
大豆の収量アップに向けた3ヵ年計画
次世代農業技術 ドローンに搭載したマルチスペクトルカメラによるNDVI分析
GI制度 江戸時代から生産しつづける
「大館とんぶり」のブランド化とGI登録
栽培技術セミナー トマトの多段接ぎ木による
青枯病および褐色根腐病の防除技術
10
栽培技術セミナー 無加温ハウスにおける
スナップエンドウの越冬2季どり栽培
12
防除技術セミナー 畝ごとの作業用手袋交換と発病株の抜き取りにより、
ピーマンモザイク病の接触伝染を抑制
14
施肥技術セミナー 育苗箱と肥効調節型肥料を利用した
アスターの簡易・連続栽培
16
こちら営農・技術センター 肥料の品質を守る取り組み 18
インフォメーション 「スワルバンカー」できゅうりアザミウマを防除 20
現地レポート JA栗っこ(宮城県)発
水稲育苗用「本州太陽シート」の遮光効果を確認
21
現地レポート 大分県 発
産地拡大へ にんにくの買取販売体制が始動
22
がんばる担い手 JAそお鹿児島 井上英孝さん・章平さん・猛さん
風光明媚な志布志の自然を生かした
親子によるピーマン栽培への挑戦
23
農家のためのインターネット活用術(3) 病害虫・雑草防除に必要な
情報を集める
24