エンジンオイル

エンジンオイルのはたらき

1.摩擦を減らす(潤滑作用)

エンジン各部の金属同士が接触する部分の摩擦を少なくして、摩擦や焼きつきを防止します。

2.熱を運び出す(冷却作用)

摩擦やエンジンの振動によって発生した熱をオイル自体が取り込み、エンジンの外に運び出します。

3.力を分散させる(応力分散作用)

金属表面の凹凸部分に入り込み、力の加わる面積を大きくして力(応力)を分散させ局部的にに力がかかるのを防ぎます。

4.すき間をふさぐ(密封作用)

ピストンシリングとシリンダの間に入り込んで燃焼室内を密封し、エンジンの出力を高めます。

5.サビを防ぐ(防錆作用)

金属の表面を油膜で覆うことにより、空気中の酸素や水分と反応して金属が錆びるのを防ぎます。

6.汚れを取り除く(清浄分散作用)

燃焼によって発生する不純物(カーボンやスラッジ)を除去し、除去した不純物をオイルの中に分散させます。

  • エンジン内の燃えカスを取り込んで黒く変色します。
  • ガソリンと一緒に燃えてしまい、量が不足します。
    ※定期的なオイル交換はエンジンの寿命を伸ばします!!

こうなる前に点検を!!

エンジンがパワーダウン 燃料の悪化 オーバーヒートの原因に エンジン内にサビや汚れが発生 エンジンを損傷焼き付き

エンジンオイルの交換目安は6ヶ月または5,000kmごとです!

  • エンジンオイルの液量は減っていませんか?
  • エンジンオイルの色は黒ずんでいませんか?

無料安全点検 お気軽にどうぞ

関連オリジナル商品

エンジンオイル