耕種総合対策

耕種総合対策について

耕種総合対策は、「生産から販売まで一貫した事業のコーディネーター」です。消費者・実需者ニーズにもとづいて、産地に対して「新品種・新技術および低コスト生産体系の普及」を行い、TACの活動によって「生産と販売のマッチングを促進する」取り組みを行っています。

営農に対する取り組み

営農情報の提供や新技術の研究・開発と成果の提案・普及、品種の育成・選定、JAグループ職員の技術力向上のための人づくり(講習会・研修会)に取り組んでいます。
TACの活動では、担い手農家の所得向上、JAの事業拡大をめざし、生産と販売のマッチング拡大・強化に取り組んでいます。また、TACのレベルアップや活動の定着に向けた人材育成にも力を入れています。

営農情報の提供

アピネス/アグリインフォは、生産者の営農やJAの営農指導をバックアップする会員制サービスです。最新の農薬登録情報・残留農薬基準値や営農技術・生産資材などの各種情報に加え、1kmメッシュ気象情報を提供しています。
グリーンレポートは本会が発行する月刊誌で、営農・技術情報、生産現場の取組み、青果物の販売情報などを掲載しています。

アピネス/アグリインフォのトップページ

詳しくはこちらをご覧ください。
 > アピネス/アグリインフォ

グリーンレポート

新技術の研究・開発と成果の提案

省力・低コストをめざした栽培技術の開発・普及や、環境保全型農業に向けた取り組みをすすめています。

鉄コーティング種子

FOEAS(導入イメージ図)   出典 (独)農研機構

新品種・新商品の研究・開発

生産者と消費者の双方の視点から、ニーズに対応する新品種の開発や、農産物加工品の商品開発・研究に取り組んでおり、実需者の意見・評価を直接聞いて商品提案に結びつけるために業務用米や野菜の品種品評会を開催しています。
近年では営農・技術センターと隣接したJA全農青果センター(株)神奈川センターと連携して、産地・取引先にさまざまな角度での提案に取り組んでいます

新しいミニトマト「アンジェレ」

特長野菜品種展示会

安全な農産物づくり

生産者に対しては、より一層安全な農産物づくりに、そして消費者には、国産農産物への信頼性をさらに高めていただくために、残留農薬などの分析に取り組んでいます。

溶媒蒸留装置を用いた分析操作

全農安心システム

TAC

私たちの生活に欠かせない食事。この大切な食事を彩るのが全国の産地から届く様々な食材です。「全農安心システム」で認証された米、野菜、果物、肉などの農畜産物は「産地でどのように作られているか」「加工・流通段階でどのように加工・流通しているか」という食の安心リレー情報をホームページで確認することができます。第三者機関による検査・審査を受け、本会が認証した産地・加工品は、その後も年1回の更新検査により、ますます「安心」を強化しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
 > 全農安心システム

人づくり

営農・技術センターにおいて、JAグループの職員を対象に、営農、肥料、農薬、資材、農機、施設、生活、燃料などに関する技術講習会を開催し、JAグループの「人づくり」をおこなっています。

営農・技術センター(神奈川県平塚市) 
農業機械基礎講習会におけるトラクター実習

農薬技術推進実務者研修における殺虫剤試験

詳しくはこちらをご覧ください。
 > 全農営農・技術センター

平成28年度より、JA販売事業戦略の企画立案・実践を担う人材の育成として、JA全中との共催で『生産販売企画マーケティングステップアップ講習会』を実施しました。
詳細についてはこちらをご確認ください。
>生産販売企画マーケティングステップアップ講習会の実施結果について(PDF:305KB)

TAC(タック)

Tとことん、A会って、Cコミュニケーション!!

TAC(地域農業の担い手に出向くJA担当者)
地域農業の担い手に出向くJA担当者の統一愛称がTAC(タック)です。1,800名を超えるTACが担い手を日々訪問して聴き取った意見・要望をもとに、担い手の課題解決や経営の改善を総合的にサポートしています。JA全農では先進実践事例の紹介や研修会などを通じてTACの普及・定着を推進しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
 > TAC

みのりみのるプロジェクト

TACが聴き取った担い手農家の要望に応えるため、平成22年から取り組んでいるのが「みのりみのるプロジェクト」です。その一環として「旬の国産食材100%」と「生産者と生活者をつなぐ」ことをテーマに銀座三越で開業した「みのりカフェ&みのる食堂」は、年間35万人以上が来店する人気店です。また、毎月取材・発行しているフリーペーパー「AGRIFUTURE」と、そこで取り上げたJAのTACや生産者が自慢の農畜産物や地元の美味しい食べ方などを対面で説明・即売する「みのりみのるマルシェ」は、各地域の人・食・文化に出会える場として好評を得ています。

店舗

旬の国産農畜産物やTACが紹介する地域の逸品を使用した、収益性の高い飲食事業モデルを構築しています。

みのりカフェ  > 店舗サイト へ
みのる食堂  > 店舗サイト
みのりカフェ福岡天神店  > 店舗サイト
laCampagne  > 店舗サイト

web

「みのりみのるプロジェクト」ホームページではプロジェクトのコンセプトや取り組みを紹介しています。中でも「TACツイッター」では全国のTACの日々の活動を、TAC自ら発信しています。生産者、生活者双方に向けて広く情報発信をしています。

TAC ツイッター

みのりみのるマルシェ

TAC自ら生産者の想いや地域の食文化等、農畜産物のストーリーを丁寧に紹介しながら販売をするマルシェを定期的に開催しています。このマルシェではフリーペーパー「AGRIFUTURE」と連動し、地域の素晴らしさや、紙面で特集した食材の良さを直接伝えます。

みのりみのるマルシェ

「AGRIFUTURE(アグリフューチャー)」

マルシェ開催JAを取材し、JA管内の生産者・生産物・地域文化・TACの活動を紹介すると同時に、マルシェの開催を告知するためのフリーペーパー&webマガジンです。
また同時に、そこに住んでいる一人ひとりが地域の素晴らしさを再確認し、地域内循環(地域内食料自給率)を高めるきっかけとなることを願って取材・発行しています。

AGRIFUTURE

販売に対する取り組み

国産農畜産物の販売強化に向け、全農グループ直販会社と連携し、総合販売による営業力強化をはかるとともに、輸出事業の拡大に取り組んでいます。

販売事業

グループ会社と連携し、全農フェアの開催等を通じて、生協、量販店へ総合的な品目での販売強化に取り組んでいます。

国産農畜産物商談会

全農フェア


輸出事業

国産農畜産物の輸出拡大に取り組んでいます。海外の取引先店舗に設置した本会の常設売場における全農フェアの開催等、国産農畜産物のPRと販売促進を行っています。

海外における国産農畜産物PRの様子

> 「平成27年度輸出に取り組む事業者向け対策事業(補助事業)」の成果報告(PDF:214KB)

「農林水産物・食品の輸出相談窓口」については、こちらをご確認ください
>農林水産物・食品の輸出相談窓口(PDF:143KB)