麦類農産事業(大豆等の販売)

麦類農産事業について

JA全農は麦、でん粉、大豆をはじめとした食品原料等の事業を展開しています。
麦、大豆は全国的に生産されており、味噌や醤油など日本の伝統的食品のなくてはならない原料となっています。
それをJAグループで集荷をし、JA全農として産地・品種別特性を発揮できるよう毎年の作柄をふまえつつ計画的に販売を行っています。
また、北海道の馬鈴しょでん粉や鹿児島の甘しょでん粉についても地域の重要産品と位置づけており、JA全農としてはそれらを食品原料などに全国販売しています。
なお、穀類・芋類以外でも、乾椎茸や果実加工品(原果汁、ジャム)等の取扱いを行っています。

> 大豆事業の紹介

> 乾椎茸事業の紹介

大豆事業について

大豆は、古くから豆腐・納豆・味噌・醤油の原料として使われています。またそのまま煮豆とするほか、節分でおなじみのいり豆やきなこなどお菓子にも使われており、日本食の素材としてなくてはならないものです。最近では豆乳の原料としての需要も増えています。
日本の大豆需要は約400万トンであり、用途別には搾油用に約300万トン、食品用に約100万トン使用されているといわれています。大豆は輸入が自由化されているため、国産のシェアは低い状況にありますが、国産大豆は風味や品質に優れているため、主に食品向けに使用されています。
国内の主産地は北海道、東北、北陸、また北部九州などとなっていますが、重要な畑作物および水田転作作物として、全国各地で様々な品種の大豆が生産されています。
JA全農は、国産大豆の生産と供給の安定化を図るため、国の制度の下で集荷・販売事業を展開しています。

国内産大豆の生産量推移

国内産大豆の生産量推移表

水田転作作物であるため、米の計画生産との関連で作付けが大きく左右される傾向があります。また自然災害により作況が大きく変わるため、安定生産が難しい品目です。需要に見合った生産基盤の維持・拡大と数量・品質の安定供給が課題となっています。

大豆の流通

大豆の流通

国産大豆シンボルマーク

国産大豆100%使用商品をアピールするためのシンボルマークについて、その普及に努めるとともに、使用基準に基づきマークが適正に使用されるよう使用許諾を行います。

乾椎茸事業について

乾椎茸は日本で古くから栽培されており、お正月の煮物や、ひな祭りのちらしずしなど日本人の食卓にかかせない食材として親しまれてきました。
日本の乾椎茸の需要は約9,000トンで国産の生産量は約3,500トン、輸入が約5,500トンとなっています。
JA全農は、おいしい原木乾椎茸を生産者に安定して栽培していただき消費者にお届けするため、乾椎茸の販売、椎茸種菌の販売、産地振興、消費宣伝、情報発信等の事業を展開しています。

椎茸種菌・乾椎茸の生産・流通の流れ

大豆の流通

乾椎茸の生産量・輸出入量の推移

大豆の流通

原木乾椎茸の集荷・販売

全国の産地から出品された乾椎茸を入札・相対で販売しています。

九州現地入札会
(熊本にて開催)

椎茸事業所での入札会

> 全農乾椎茸規格表(PDF:670KB)

> 乾椎茸入札会日程表(PDF:1.43MB)

椎茸種菌の販売

業務提携先の(一財)日本きのこセンター製造の「菌興号」を全国のJAグループを通じて販売しています。

産地振興

全農乾椎茸品評会を実施しています。

品評会表彰式

品評会上位入賞品

消費宣伝活動

原木乾椎茸を消費者の方にたくさん食べてもらえるよう業界団体とも連携し様々な宣伝活動を行っています。

日本産・原木乾しいたけをすすめる会では、平成7年に国産原木乾椎茸のシンボルマークを制定しました。国産原木乾椎茸であることがひとめで分かる信頼のマークです。

日本産・原木乾しいたけをすすめる会では、平成25年に乾しいたけの需要拡大のために、七夕の「☆(星)」と乾しいたけの「乾し」をかけて7月7日を「乾しいたけの日」と制定しました。毎年7月7日には全国各地で需要拡大のためのイベントが開催されて います。

「乾しいたけの日」イベント(東京)

情報発信

産地等向けに全農乾椎茸情報(入札情報・月間情報)を発信しています。

原木乾椎茸の栽培工程について

原木椎茸は山林の伐採から種菌の植菌、発生・採取まで約2年間の月日を経て生産されます。各作業について紹介します。

> 工程(PDF:3MB)

リンク

> 林野行政については、「林野庁」

> 特用林産物については、「日本特用林産振興会」

> 国産原木乾椎茸については、「日本産・原木乾しいたけをすすめる会」へ

> しいたけ等の菌類については、「(一財)日本きのこセンター」

> しいたけ種菌については、「菌興椎茸協同組合」